アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

ファンデはパフ・ブラシ・手のどれで塗るのがベスト?

目次

ファンデーション、どんなツールを使って塗っていますか?

パフブラシ、それぞれ仕上がりにどのような違いがあるのでしょうか。

ベストな塗り方は?

あなたにぴったりのファンデーションツール探し、お手伝いします。

毛穴が気になる、ツヤ肌好みならブラシ

出典:pixabay


ファンデーションブラシは、パウダーにもリキッド、クリーム、どのタイプのファンデーションにも使えます。

ブラシのタイプは、筆タイプ、平行カットされたタイプ、そして歯ブラシ型タイプがありますが、おすすめは平行カットタイプ。

パウダー、リキッド、クリーム、どんなタイプのファンデーションにも使いやすいですよ!

ブラシでファンデーションを塗ると、毛穴が綺麗にカバーできます。

頬の毛穴、小鼻の毛穴が気になる方は、ブラシでファンデを塗るのがおすすめです。

また、パウダリーファンデをブラシでくるくる磨くように馴染ませると、自然なツヤのある仕上がりに。

厚塗り、油分過多を防ぐならパフ

出典:pixabay


パフはリキッドやクリームファンデーションを塗ったとき、余分なファンデーションを吸い込んでくれます。

油分過多による毛穴詰まりやニキビを防げるので、オイリー肌でリキッドやクリームファンデを使いたい、という方におすすめです。

パフの形には色々なものがありますが、おすすめは細かい部分にフィットしやすい楕円型かひし形タイプ。

また、厚みはふっくら分厚いものの方が、力を入れすぎず気になる部分にファンデが密着しやすくなります。

乾燥が気になるときは手塗りがおすすめ

出典:pixabay


手でファンデーションを塗ると、体温がファンデーションに伝わり、テクスチャーがゆるくなって伸びが良くなります。

肌への密着度もアップしますが、ムラになりやすいので、手塗りのあとはパフで叩き込んで馴染ませましょう。

肌が乾燥していてキメが粗めなときでも、手で塗ると肌馴染みが良く綺麗に仕上がります。

できれば肌の状態に合わせてツールを使い分けよう

女性の肌は時期によって変わりやすく、ある日はベタつきが気になり、またある日は乾燥が気になる、という方は多いのではないでしょうか。

肌の状態が変わりやすい人は、その日の肌状態に合わせてツールを使い分けてみてください。

普段の肌に毛穴が気になるならブラシ、乾燥している日は手、生理前などでべたつきが気になるならパフ。

肌状態に合わせてツールを使い分ければ、もっと綺麗にベースメイクが仕上がるはずです。

/

この記事の著者

beautyまとめ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録