アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師取材】1歳〜1歳半の夜泣きの原因とその対策法4つ

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

出産後、息つく間もなく始まった赤ちゃんのお世話。新生児の頃は昼も夜も関係ない生活でしたが、個人差はありますが生後3ヶ月を過ぎると夜中の授乳の回数も減少し、生後6ヶ月頃には昼夜のリズムがつき、夜はまとまって寝られるようになったママも多いのではないでしょうか。

この記事の監修ドクター

小児科加藤真由美 先生 小児科医。大学卒業後、大学附属病院・国立小児病院(成育医療センター)・総合病院等勤務。慶應大学小児科学教室所属。一般小児の他、専門は呼吸器、喘息。現在クリニック非常勤医。小学生・中学生の母であり、働く女性として、子供を持つ母として、様々な相談にも乗っています。女医+(じょいぷらす)所属。

1歳〜1歳半からでも夜泣きがあるの!?

505208424

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

しかし、「ようやく睡眠不足の日々とサヨナラできる」と一息ついた瞬間、今度は夜泣きに苦しむ日々がスタート。一般的に、夜泣きは1歳〜1歳半からおさまり落ち着くイメージがありますが、中には1歳半を過ぎても夜泣きする子もいるようです。

夜泣きする年齢とは

赤ちゃんによって個人差は大きいですが、早くて生後3ヶ月から始まり、だいたい1歳〜1歳半ごろにおさまると言われています。また、夜泣きがほとんどない赤ちゃんもいます。

1歳以降の夜泣きは大丈夫!?

前述したように基本的には1歳〜1歳半にはおさまる事が多い夜泣きですが、中にはそれ以降も続く赤ちゃんもいます。長い間夜泣きが続くとママも睡眠不足になりますし、「何かのトラブルのサインかも!?」と不安にもなりますよね……。

1歳〜1歳半の夜泣きの原因とは

180403973

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

赤ちゃんの夜泣きの原因に関して、実際は明確には解明しておらず、赤ちゃんによっても個人差が大きいため、一概には言いにくいのが実際のところ。しかし、やはり「なぜこんなに、夜泣きが激しいんだ!?」と気になってしまいますよね。そこで、1歳を過ぎた赤ちゃんの夜泣きに関して考えられる原因のいくつかをここでは解説します。

1.脳の未発達

この月齢の赤ちゃんは、脳の前頭葉というところが未発達です。前頭葉は五感からの情報をまとめ、脳が判断・決定を行うところであり、不安感や不快感などの感情を抑える働きがあります。子どもが成長するにつれて、赤ちゃんぽさがなくなり思慮深くなっていくのはこの前頭葉が発達してくるからです。これらは、スキンシップをしたり目と目を合わせたりすることで育っていきますが、この月齢ではまだ未発達であり、その結果眠りも浅くなってしまいがちなのです。

2.月齢が高くなる事での情報整理

昼間に思い通りにいかなかったこと、緊張した、興奮したなど、精神的な刺激や強すぎた刺激を思い出し、うまく眠れないことが考えられます。子どもの性格も関与している可能性があるので個人差がありますが、1歳になるとより行動範囲も広がり刺激的なことも増えるため、この刺激が要因となって、1歳になってから夜泣きが始まることもあります。

3.病気などの体調不良

大人と同様、体の様々な不快で起きて、その結果泣いてしまうこともあります。鼻づまり、熱がある、耳が痛いなど……。また、暑い・寒いなどの気温の状態や、喉がかわいた・お腹が空いた・歯がムズムズするなども生理的不快のケースもよくありますので、全身状態を観察してあげてください。痛みがひどいなど体の状態によっては小児科を受診した方がよい場合もあります。

4.夜驚症などの睡眠障害

夜驚症とは、夜中に突然目を覚まし、激しい恐怖やパニックに陥り泣き叫んでしまう状態。そのため、パパやママが声をかけたり抱きしめようとしても暴れてしまうことが。大騒ぎしたとしても、しばらくすると何事もなかったかのようにまた眠ります。原因は明確には判明していませんが、成長とともに自然に消失していきます。もし、あまり頻繁にあり、不安に感じるようであれば小児科等に相談してみてください。

1歳〜1歳半の夜泣きを事前に防ぐ対策4つ

いつかはなくなると分かっていても、なるべくなら早く止めたい夜泣き。おさめる方法や、事前にできる予防対策はあるのでしょうか?

627312536

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

1.睡眠のリズムを整える

朝起きる時間と夜寝る時間をある程度決め、24時間のサイクルに慣れさせることが大事です。朝起きたら、なるべくカーテンを開けて、太陽の光を浴びさせましょう。寝る前は、絵本を読んだりスキンシップをたっぷりとったりして、ゆったりとした時間を過ごし、子どもが安心できる時間を作りましょう。また、昼寝は2時間程度がおすすめです。

2.環境の変化に注意

引っ越しや旅行、保育園入園などの環境の変化はもちろん、ママの妊娠なども影響することがあります。また、寝具・パジャマの手触りや、テレビや電気のつけっ放しにも注意が必要です。毎日を規則正しい生活リズムで過ごすことが理想ではありますが、色々な環境や刺激が増える時期でもあります。「大丈夫だよ」と安心させて過ごせるように努めましょう。

3.子どもが感じる温度に気をつける

気温による不快感が原因のことも少なくありません。寝汗をかいてないか、手足は冷たくないか等をチェックし、暑かったり寒かったりしてないかを確認してください。基本的に、子どもは大人が感じるより暑がりだったりするので、なかなか泣き止まない場合は、ベランダに出てちょっと夜風に当たってみたり、思い切ってドライブに連れだすことも効果があったという経験談は多く聞きますよ。

4.あまりにもひどい時は病院で診察

あまりにも夜泣きが激しかったり長かったりした場合は、かかりつけの小児科に相談してもよいかと思います。また、場合によっては夜泣きのための漢方薬などもありますし、症状によっては脳波などの検査を勧められるケースもある子もいます。

まとめ

いかがでしたか? いつかは必ずおさまる夜泣き。けれど、長く続く場合などは、毎晩ママとパパだけで対処し続けようとすると、精神的にも肉体的にも大変になってしまうケースもあります。その場合は我慢せず、是非専門家と相談して乗り切ってくださいね。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

更新日:2017年8月7日


0

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

よく読まれています

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録