アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

#152 イヤな予感!連絡が来なくなった彼からの「告白」【40代編集長の婚活記】

目次

独身のまま40代をむかえた独女が婚活したら、結婚できるのかできないのか──⁉ OTONA SALONE編集長アサミがリアルに婚活を始めてまもなく3年。

婚活パーティや婚活アプリなどでたくさんの男性と出会い、デートしたり、断られたり。紆余曲折がありながらもなんとか9年半ぶりの恋人ができる。交際2カ月はラブラブだったけれど、なにやら様子が変わってきて……⁉ これは40代独女の「実名 顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

9年半ぶりの恋人、「出会い」のきっかけ

9年半ぶりにできた恋人は、49歳・アーティスト・バツイチ・子供ありのジェントルさん。

出会いのきっかけは、婚活パーティでも婚活アプリでも結婚相談所でもない。知人がPRを担当したある飲食店のオープニングレセプションだ。一人でフラリと行き、そこに来ていた十数人と名刺交換をしたけれど、その一人が彼だった。

 

初対面から、数カ月経って

でもそのときの記憶はなく、すぐに連絡を取ることもなかった。数カ月経って彼がメールをくれたことから始まった。連絡をくれたきっかけはOTONA SALONEのことを応援してくれたことだ。

ジェントルとても楽しい企画ですね! 東京女性の小宇宙カルチャーの先端です」

その言葉のチョイスが印象的だった。レセプションで会った記憶はなかったけれど、彼のことが気になりだした。

 

初メールから会うまで約1カ月

その後、メールの往復が続いて1カ月くらい。

ジェントル「アサミさん、こんにちは。是非今度お時間ございましたら、お会いさせてください。出版業界やメディア業界のこともいろいろお伺いしたいと思っています」

ビジネスなのかプライベートなのか、名刺は持っているけれど顔は思い出せないまま(ただし彼はOTONA SALONEで私の顔をわかっている)、1対1で会うことになった。

 

初対面での彼の印象

ビジネスっぽいのでランチミーティングなのかなと思っていたら、まさかのディナー。「何時でも大丈夫です」と伝えてしまった手前、変更しにくくなってのディナーだった。

行く前は、正直にいってあまり乗り気じゃなかった。

けれど、彼がお店に到着してからその気持ちはすぐに払拭された。初対面でなんとなく好印象だったのだ。

・言葉遣いが穏やか

・レディファーストでやさしい。

・仕事、パーソナルなことをほめてくれる。

・ネイルなど美容の話で盛り上がる。

・立ち居振る舞いや言動がちょっとゲイっぽい。

この5つのポイントが、私の警戒心を解いていった気がする。この5つのポイントを満たしているのは、男性にしては女性っぽいタイプと言える。

 

過去の恋愛・婚活相手と「決定的に違う点」

初対面から好印象、これが“ピンとくる”というものかもしれない。ジェントルさんの何が、それまでの相手と違ったのか━━?

過去の恋愛経験や婚活を振り返ってみる。

デートした男性にレディファーストなタイプはいなかった気がする。仕事を応援してくれた人もいなかった。美容話で盛り上がる人もいなかった。ゲイっぽい人もいなかった。どちらかといえばメンタル男性指数が高い男性ばかりだった気がする。

言葉遣いが穏やかな人はいなくはなかったけれど。

ジェントルさんと出会ったことで、私にとってはメンタル男性指数が高い男性より、女性指数が高い男性のほうが、居心地がよかったと気づいた。

よく考えたら仲のいい男友達はたいてい、後者だったなぁ……。

 

初デートからも紆余曲折

謎の状況でスタートした初デートから、4カ月でデートを重ねること6回。

ゲイorバイ疑惑、ただの友達疑惑、デートに疲れちゃった事件、夕方で突然デート打ち切られ事件、意味深な発言、でも何もしてこない状態、連絡放置事件……。

いろいろ悩むことはあったけれど、少しずつ距離を近づけながらお互いの気持ちを確認し、お付き合いすることになった。

交際スタートからはほぼ毎週末を一緒に過ごすようになっていた。こんなラブラブな状態でお付き合いするなんて、46年の人生で初めてのこと!

 

交際2カ月で、感じ始めたこと

けれど……。

風向きが変わったのは、ある週末の鎌倉デートの帰り。交際が始まって2カ月くらいのことだった。

・一緒に食べようと言っていた夜ごはんを急に「やめよう」と言う。

・ほぼ毎週一緒にいた土日を、別々に過ごすこと2週間。

・かといって平日デートもない。

・毎日のように取っていた連絡が、週1~2回になる。

・連絡するのは自分からばかりで、彼から始まることはない。

・ついに返信もなくなること3日間。

 

確実に「避けられてる」かもしれない予感

いくら恋愛に鈍感な私でも、さすがにわかる。

ジェントルさんの様子がおかしい。確実に、私を避け始めている。

嫌われたの? 何がきっかけ? 鎌倉デートの帰り、私の何がいけなかった? 自問自答するけれど、答えなんてわからない。

またフラれてしまうの? 別れたいって言われてしまう? そんなことないよね、時間をかけて慎重にお互いの気持ちを確認したんだから……。不安だった。

 

やっぱり「ウザい女」と思われたくない

不安だったけれど毎日は連絡せず、3日に一度くらいにとどめていた。

たぶんそれは、「わがままな女と思われたくない」「ウザい女と思われたくない」。そんな気持ちが連絡することにブレーキをかけていた。私を臆病にしていた。

でも……。

会わなくなって2週間以上だもの。返信を待っているばかりじゃダメよね。だってお付き合いしているんだもの。連絡するのは普通のことよね。

自分に言い聞かせ、恐る恐るメッセージを送った。

アサミ「こんばんは。週末ゴルフがあったり、仕事がつまっていたりでバタバタしていました! ジェントルさんはどうしていましたか?」

ジェントルさん、どうかお返事をください━━!

ついに、彼からの返信が届く!

メッセージを送ってからずっとスマホを気にしている私。数分置きに、既読になったかどうかをチェックしてしまう。

そんなんじゃダメよね……。お風呂に入ってリセットすることにした。

 

お風呂からあがると、メッセージが届いているサインがあった。彼からだった!

ジェントル「連絡遅くなってすみません。実は先日、病院に行ったのですがちょっと病気にシリアスな結果が出ました。精密検査を受けないと正確にはわからないのですが、あまり無理できない状況になっています」

それは少し、ショッキングな内容だった。

 

彼から伝えられた「告白」

病院でシリアスな結果……。以前、少し話してくれたことがあった。数年前に健康診断で引っかかった点があったと。

とても心配な気持ちになった。

ジェントル「次の週末も病院です。心労もあって、こんな状態でアサミさん迷惑がかかってしまうのが気になっています。少し様子をみて大事をとっておきます。すみません」

 

迷惑がかかるなんて全然! そんな状態だからこそ、私はジェントルさんに会いたい。疲れている心を支えたいのに……。

どうしよう、なんて返信しよう。久しぶりに届いたメッセージにあった告白に、戸惑いが隠せないでいた。

【彼の健康問題が発覚! どうする?アサミ! 7月10日(水)17時をお楽しみに!】

 

【前回はコチラ】

#151 どうして?交際2カ月、40代独女がかかえた「不安」とは【40代編集長の婚活記】

  40代編集長の婚活記まとめ

 


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録