アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

間違えている人多数!「目深」の正しい読み方、知っていますか?

 

よく耳にする言葉のはずなのに、いざ漢字だけで目の前に出されると読めない・・・そんなことありませんか?1つの漢字にはさまざまな読み方がありますから、時には読み間違えてしまうことも。でも人前で読み間違えてしまうと、恥ずかしいとき、ありますよね。

そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します!

「目深」の読み方、知っていますか?

「目深」とは

目が隠れるほど、帽子などを深くかぶるさま

引用元:小学館 デジタル大辞泉

という意味です。目が隠れるほどに深くかぶっている姿を表しますが、「目」という漢字につられて「めぶか」と読んでいませんか?辞書によっては「めぶか」も正しい読み方として紹介しているものもありますが、本来の読み方は「め」ではありません。

正解はコチラです!

「まぶか」です。

同じような例として「目の当たり」があります。これは「まのあたり」と読みます。「目」の部分を「め」ではなく「ま」と読むのが本来の読み方です。

「目」を「ま」と読む言葉は、古くから日本で使われてきたものが多く、「目」を「め」と読む言葉に比べると少ないです。「ま」と読む代表的な漢字は、

  • 目深
  • 目の当たり
  • 目蓋(まぶた)
  • 目庇(まびさし)
  • 目映い(まばゆい)

などが挙げられます。

 

ちなみに「目新しい」はなんと読むでしょうか?・・・正解は「めあたらしい」です。思わず「“ま”あたらしい」と読んでしまった人もいるのではないでしょうか。「まあたらしい」は「真新しい」と書きます。

「目新しい」の意味は

見たことがないような新しさがある

引用元:小学館 デジタル大辞泉

一方、「真新しい」

本当に新しい。まったく新しい

引用元:小学館 デジタル大辞泉

と「目新しい」と異なります。

「め」なのか「ま」なのか紛らわしく感じるかもしれませんが、ぜひ使い分けてみてくださいね。

 

参考文献:【読む】「目の当たり」と「目新しい」 国語力検定 Z会の検定


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録