アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

#153 まさか!40代恋愛に起こる「悲しい現実」【40代編集長の婚活記】

目次

40代独女の婚活はうまくいくのか、いかないのか? リアル&ガチな婚活体験コラムを実名&顔出しで書いている「婚活記」のパイオニア・OTONA SALONE編集長アサミ。

婚活パーティや婚活アプリ、知人の紹介などさまざまな経験を経た婚活歴2年半で、やっと9年半ぶりの恋人ができる。しかし交際2カ月が過ぎたころ、様子が変わってきて……⁉ これは40代独女の「実名 顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

慎重に始めた恋愛だったのに

婚活歴2年半でやっとできた恋人、ジェントルさん。49歳のアーティストで、バツイチ&別居中の子供アリの男性だ。

出会ったのは、とある飲食店のオープニングレセプションで名刺交換したこと。しかしその日はたくさんの人と会ったので、記憶は残らなかった。その後しばらくしてから彼からメールが届き、正直、顔も思い出せないまま二人で会うことから始まった。

メッセージ交換だけで1カ月、会うようになってから4カ月。久しぶりの恋だけに、自分の気持ちをゆっくり確認しながら、彼との距離感を近づけていった。それはたぶん、彼も同じだったと思う。

ていねいに、慎重に進めたお付き合いだった。

 

単に恋人がほしいわけじゃない

慎重に進めたのは、約8年半ぶりという久々の恋愛で、どうしたらいいかわからなかったからもあるだろう。

でも、それだけじゃない。

ただ単に「恋人がほしい」という気持ちではなく、40代からの婚活だけにその先を一緒に過ごせる人かどうかを考えながら進めたからだ。

私は婚活を通じて「ずっと一緒にいられる人」と出会いたいと思っていたのだ。

だけど、他人と一緒に住む自信がない

婚活を始める前も始めてからも、私はよく「他人と一緒に住む自信がない」と言っていた。それが私が結婚できないひとつの理由だったと思う(#60 なぜ結婚できない? 40代独女の性格的な病について)。

なぜ、その自信がなかったのか? わがままな気ぃ使いという性格が大きいのだが、その根底にはプライドの高さと失望への恐れがあったのかもしれない。

「好意を持ってくれたとしても、“素の私”を受け止めてくれる人はいない」、と。そう思っていたのには、理由がある。

過去の恋人のほとんどが、相手から告白してきたのに数カ月付き合ってフラれるパターンばかりだった。あくまで自己分析だが、付き合い始めて素の私を出すと「ガッカリされる何か」がたぶんあるのだろう。その“何か”はわからないけれど。

 

彼なら「素の私」を出しても大丈夫?

一緒に住む自信がない。だけど、ずっと一緒にいられる人を探したい。

ひどい矛盾!

でも、ジェントルさんは素の私を出しても大丈夫な気がした。

仕事のことも、プライベートなこともいろいろ褒めてくれた。ちょいちょい出し始めた素の私を受け止めてくれたように思った。

彼と一緒にいると安心できてラクだったところもある。

仕事はもちろん、家事も料理もなんでもできてしまう彼。デートのお店選びもいつだって素敵だった。だから、ものすごく甘えられた。私が仕切らなくてもいいんだって思えた。

仕事ではいつも仕切らないといけないことばかりだったから……。

 

「間違いない相手」と思ったのに

慎重に慎重を重ねて始めた恋愛で、素を出しても大丈夫そうで、一緒にいたら安心できて心地よくて。これはもう間違いないでしょうと思っていたのに……。

会わなくなって2週間以上、メッセージに返信なくて3日間。意を決してメッセージを送った。

 

アサミ「こんばんは。週末ゴルフがあったり、仕事がつまっていたりでバタバタしていました! ジェントルさんはどうしていましたか?」

鎌倉デートの帰りから、なんか様子がおかしかった彼。長時間ドライブしていて、私に何かガッカリしたのだろうか? やっぱり素の私を受け入れられなかったのだろうか……。

またフラれる予感をかかえながら、送信した。

3日ぶりに届いた「衝撃のメッセージ」

しばらくしてから届いた返信は、ショッキングな内容だった。

ジェントル「連絡遅くなってすみません。実は先日、病院に行ったのですがちょっと病気にシリアスな結果が出ました。精密検査を受けないと正確にはわからないのですが、あまり無理できない状況になっています」

病院でシリアスな結果……。以前、少し話してくれたことがあった。数年前に健康診断で引っかかった点があったと。

ジェントル「次の週末も病院です。心労もあって、こんな状態でアサミさん迷惑がかかってしまうのが気になっています。少し様子をみて大事をとっておきます。すみません」

 

今すぐ飛んでいきたい気持ち

ビックリした。予想だにしていなかった内容に戸惑う私。過去の恋人と同様に、私の何かにガッカリした的な内容がくると覚悟していたから。

そしてやっぱりやさしいジェントルさん。私に迷惑がかかってしまうなど気にしていただなんて。

アサミ「精密検査ですか……? 前にもお話してくださった症状のことですよね。とても心配です」

まずは心配なことを伝えた。

本当は電話で話したかった。いや、家まで飛んで行きたいくらいだった。だけど、いくらお付き合いしていても、勝手に押しかけられるのは迷惑かもしれない。

アサミ「病院へ行ってゆっくりしてくださいね。休むことが大切ですもの。私の健康を分けて差し上げたいくらいです。何か私が少しでもお役に立てることがあれば、言ってくださいね。意外となんでも出来るんですよ」

 

オトナだから、彼を尊重する

本当は心配でたまらない。会いたい。でも彼は連絡すらできないメンタルだったわけだから……尊重しよう。大人だもの。私の勝手な気持ちを押し付けちゃダメだ。そう思って、メッセージにとどめた。

ジェントル「ありがとうございます。ご心配かけましてすみません。お言葉うれしいです」

わりとすぐにまた返信がきた。今日は少し、症状も落ち着いているのかもしれない。

ジェントル「一度は心配ないものと診断されていたので、今回のシリアスな結果は少し落ち込んでいますが、大丈夫です」

オトナの恋愛と「健康不安」

大丈夫って書いてあるけど、心配よ、とても……。

私自身、以前に健康診断で再検査になったことがある。要精密検査という文字が書かれた手紙を見ただけで、不安で不安でたまらない気持ちになった。

きっとジェントルさんだって、同じように不安だろう。そんなときに恋愛のことなんて考えにくいよね……。

ジェントル「また元気になったら連絡させてください。先のことをいろいろと考えにくい状況でアサミさんを振り回すわけにもいかないと思っています。また連絡させていただきます」

 

「また連絡する」の言葉を信じて

自分が大変なときなのに私を気遣ってくれるジェントルさん。やさしい。やさしすぎて、それがむしろ切ないよ。

アサミ「はい。本当にたいしたことはできないですけれど、ジェントルさんの心を癒すお薬になれたらと思っています。くれぐれも無理しないでくださいね」

彼の負担にならないようにしつつ、精一杯の自分の気持ちを伝える言葉を選んだ。

 

彼のメッセージにあった「また元気になったら連絡させていただきます」。その言葉を信じて、私から連絡は取らなかった。負担をかけたくなかった気持ちもある。

けれどそれから2週間経っても、彼からの連絡は、何もなかった……。

 

【連絡がないまま2週間。元気になってないから? それとも? 7月17日(水)17時をお楽しみに!】

 

【前回はコチラ】

#152 イヤな予感!連絡が来なくなった彼からの「告白」【40代編集長の婚活記】

  40代編集長の婚活記まとめ

 


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録