アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

「コスパがいい」を英語の2単語で言うと?

こんにちは、駅前留学NOVA講師ジェイコブです。
日本人がうっかり間違えがちな、すぐに使えて役立つ英会話をお届けする<1日1英語>。
今日は「コスパがいい」です。

 

よく皆さんが使ってしまうのが、「good cost performance(グットコストパフォーマンス)」ですが、「worth buying(ウォースバイイング)」が正しい表現。直訳すると、“購入する価値がある”という意味ですね。

 

他に「worth the money」や「great quality for the cost」もよく使われます。

 

 

【英会話スクールNOVAについて】
日本一通いたくなるスクールを目指し、業界最大の全国293教室を展開中。
従来の「英会話スクール」の枠組みを超え、非日常空間で居心地よく過ごせるような環境でレッスンを提供。講師が全員ネイティブスピーカーであることや、お洒落な空間でコーヒーを楽しめるカフェ風校舎も人気の理由の一つ。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録