アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【骨格診断】オトナ世代のウェーブタイプにおすすめコーディネート5選

目次

「去年までお気に入りでよく着ていた服が似合わなくなった」「老けて見られたくないけれど、若づくりと思われるのもイヤ。年齢にふさわしいスタイルって?」。私はこれまで数多くのおしゃれ迷子の大人の女性に、パーソナルカラー診断・骨格診断・メイクのアドバイスをしてきました。そこで今回は、ウェーブタイプにおすすめのコーディネートをご紹介します。

まずは自分の骨格をチェック→コチラ

 

ウェーブタイプの特徴って?

 

①下半身に重心がある洋なし体型

②筋肉はあまり感じさせず、やわらかな質感

③真横から見ると幅が薄く、華奢な印象

④バストトップの位置が低めで上半身に間延び感がある

⑤ヒップは扁平で左右に大きい

⑥正面から見たとき、ヒップよりも太もものほうが張っていることが多い

⑦ウエストのくびれはなだらか

⑧O脚ぎみ

素材はやわらか、重心は3ヵ所とも上げる

【ジャケット】

・ウエスト丈

・ノーカラーや七分袖

・シンプルなテーラードなら一つボタン

 

【シャツ・ブラウス】

・やわらかな素材

・フリルやギャザーなど胸元に立体感のあるデザイン

・柄物

 

【ニット】

・短めの丈

・裾がリブ編みでブラウジングできる物

・ハイゲージ、モヘアやアンゴラ

 

【スカート】

・フレアスカートやギャザースカート

(フレアやプリーツがウエストから始まるもの)

 

【パンツ】

・太もものラインを拾わないタック入り

・腰回りにゆとりがあって裾が細いテーパード

・丈の短いクロップドパンツ

 

【ワンピース】

・ジャストウエストやハイウエストなど高い位置で切り替えがある

・ウエストマークしたデザイン

・コクーンシルエット

 

やわらか素材のブラウスが似合う

シフォンやサテンなどやわらかな素材がよく似合います。反対に張りのある素材を切ると、服に着られている感が出てしまいます。

くわしくはコチラ

 

上半身を間延びさせないのがオシャレ度アップの秘訣

上半身に間延び感があるので、重心バランスは上げます。柔らかな素材やデザインなど「繊細」なアイテムが得意。足し算のおしゃれが似合います。「すっきり」しすぎると地味、貧相に見えやすいので気をつけましょう。

くわしくはコチラ

くわしくはコチラ

ぽっこりお腹をカバーするならコレ

もともと脂肪を感じさせるウェーブタイプ。下半身が太りやすいので、下腹がポッコリに悩む人も多いでしょう。でも、トップスの裾で下腹を隠そうとすると、上半身の間延び感を強調します。裾をブラウジングして、ウエストと下腹の段差を隠すようにしましょう。

くわしくはコチラ

二の腕をカバーしたいならコレ

下半身と比べて上半身が華奢なウェーブタイプは、二の腕の太さで悩む人は意外と少ないもの。どうしても気になるときは、やわらか素材でフワッと包みこんで。上半身が薄いので、服の浮き=着太りになりません。肉感を拾わない程度にタイトに包んでもOK。

 

くわしくはコチラ

 

おすすめアクセサリー

アクセサリーは繊細なものが似合います。小粒のパールや小さな石が集まったものであれば、大きくてもウェーブ向き。

 

 

バッグは小ぶりが得意、大きなバッグならやわらかな素材を。キルティング、ワイヤーバッグやチェーンバッグもOK。

 

華奢な靴、バレエシューズのようにはきこみが浅いものが似合います。ブーツなら細くてきれいめデザインのものを。

くわしくはコチラ


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録