アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

近寄りがたい! 悪い意味で「貫禄あるよね…」と思われちゃう40代女性のメイク

目次

40代ともなると、その経験値や見た目によって、まわりから「やたら貫禄ある!」なんて思われる女性も少なくありません。

貫禄は、いい意味で出ていれば魅力だけれど、悪い意味で出てしまうと「近寄りがたい」「話しにくい」などのネガティブな事態にもなりがちです。

実際、メイクの雰囲気によって、ネガティブな意味での“貫禄”が出てしまう人もいるだけに、気を付けるに越したことはありません。

時短美容家の私、並木まきが、悪い意味で「貫禄ある……」と言われがちな40代女性のメイクに迫ります。

 

 

近寄りがたい! 悪い意味で貫禄出まくりな40代女性のメイク1:すっぴん風のつもりが単にノーメイク風

 

手をかけているけれど、そうは見せない「すっぴん風」のメイクをしているつもりで、使っている色が極端に少ないと、単なるノーメイク風にしか見えない……というパターンもありがちです。

40代の肌は、若いころと比べると色ムラやくすみが目立ちやすくなっている場合も少なくなく、カラーレスに走ったメイクだと、その肌感が強調されてしまいがちなのも確か。

年齢を重ねた女性のノーメイク風メイクは、自信に溢れているようで粋に感じるケースだってゼロではないけれど、ぱっと見で「化粧しません」「美容には、興味ありません」なムードが出てしまうと、イコールで近づきにくい貫禄オーラが出てしまうのも否めません。

せめて口紅だけでも明るい色を入れると、印象がガラリと変わるはず。

 

 

近寄りがたい! 悪い意味で貫禄出まくりな40代女性のメイク2:眉毛が薄すぎる

 

ナチュラルな仕上がりを目指し、ふわっとしたメイクを意識していると、想定外に眉が薄い仕上がりになってしまう場合も多々。

そして、全体のメイクに対して眉毛だけが薄い印象が強いメイクは、年齢を感じさせ、悪い意味での貫禄を醸し出しがちです。

メイクや外見に無頓着な印象も出やすいリスクもさることながら、大人世代で眉毛が薄いメイクだと、生活感が出てしまい、これがいやな意味での“貫禄”を加速させる場合も少なくありません。

時間の経過とともに、眉毛が薄くなりがちな場合には、仕上げにコーティング剤を使うのも方法です。

また、自眉の色に対して、眉コスメの色が薄すぎる場合にも妙な貫禄が出やすいので、アイブロウコスメは色合わせも大事です。

 

 

近寄りがたい! 悪い意味で貫禄出まくりな40代女性のメイク3:テカリ感が目立つ

 

みずみずしくフレッシュな質感を目指して陥りがちなのが、テカリ感によるギラギラとしたメイクになってしまうNG。

40代は、全体的にきちんと手をかけていたとしても、テカリ感の強い印象になってしまうと、やたらにギラついた印象からの貫禄が出がちな年代です。

テカリは、季節を問わずに気をつけたい部分ではあるけれど、気温や湿度が高まる夏の時期は、特に危険。

こまめなメイク直しもマストながら、時間の経過とともにテカリが出にくいファンデーションを見つけるのが、最大の予防策になります。

 

悪い意味で「貫禄ある!」なんて思われてしまえば、人間関係ではあまりいい結果は招かないのも常。

また恋愛シーンにおいても、男性から「近寄りがたい」なんて思われれば、せっかくのチャンスを台無しにしてしまう場合だってありますよね。

40代は若いころより貫禄が出てしかり。だけれど、悪い意味での貫禄だけは感じさせないよう、爽やかなメイクを意識して。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録