知って得する!かしこく活用♪レンチンの裏ワザ4選

更新日:2019年7月19日 / 公開日:2019年7月19日

知って得する!かしこく活用♪レンチンの裏ワザ4選

普段の生活で大活躍している電子レンジ。でももしかすると、まだまだ効率よく使えていないかもしれません! 今回は知っているととっても得をする、電子レンジをかしこく活用する裏ワザ4選をご紹介します♪

▼目次

①加熱ムラをなくす裏ワザ

部分によって熱かったり冷たかったり…そんな加熱ムラを防ぐ裏ワザがあるんです!

平らにする

高さのあるものは、なるべく平らにしましょう。

ターンテーブル式の場合は

ターンテーブル式のレンジで温める場合は、温めるものを外側に置くようにしましょう。
電磁波が当たりやすくなるので、ムラなく温めることができます。

②飲み物の吹きこぼれを防ぐ裏ワザ

飲み物を温めるとき、少し目を離すと吹きこぼれてしまった…なんてことありますよね。
そんなときにはこの裏ワザ!

レンゲ(ポリプロピレンか陶器のもの)を入れる

ポリプロピレンか陶器でできたレンゲを入れて温めると、吹きこぼれを防ぐことができるんです♪

※使用するレンゲの電子レンジ使用可否をご確認ください。
※陶器製は熱くなる場合がございますので、ご注意ください。

③ラップ以外でしっとりふんわり仕上げる裏ワザ

キッチンペーパーを使う

お皿の上に濡らしたキッチンペーパーを敷き、その上に野菜を並べます。
さらに野菜の上に濡らしたキッチンペーパーをかぶせて温めましょう。

これで簡単に蒸し野菜が完成! 茹でるよりも簡単で、栄養もキープできます◎

クッキングシートを使う

焦げつきやすいものはクッキングシートを使うと便利です。

クッキングシートで包むことで、ふっくらと仕上げることができますよ♡

④600Wの加熱時間を500Wに変換する裏ワザ

レシピでは600Wで5分だけど、自宅のレンジは500W…。

600Wの加熱時間を500Wに変換するには…

600Wの加熱時間を500Wのレンジの加熱時間に変換するには、600Wの加熱時間を1.2倍にして温めましょう。

今回はさまざまなレンチンの裏ワザをご紹介しました。
どれも普段のレンジのプチストレスを解消する超便利な裏ワザなので、ぜひ試してみてくださいね♪

ライター:あだちあやか



この記事の著者

ログイン・無料会員登録