アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

無くても良いもの4選

目次

整理収納コンサルタントの須藤昌子です。

おうちにあるものは、「当たり前の顔」をして居座っていますが、実は、無くても良いものは意外に多いのです。

おうちの収納は限られていますので、無くてもいいものをなくすことで、おうちが片付くということへつながっていく可能性がありますよ。

 

無くても良いもの4選



①便利品


色々な便利品が販売され、何となく、それらを見ると生活が変わるように思ってしまいますが「便利品」はもともと無かったもので、無くても、本来問題なく生活してこられたものです。

そんなに頻繁に使わない便利品があることで、収納を圧迫するのであれば「無くてもいい」と割り切ることも大事だと思います。また、使うのは手に入ったときばかりで、そのあとずっと使わないとか、キッチンで使うモノの場合は、きれいに保つことが面倒になって使わなくなるケースもあります。

そうなってしまったものは早めに手放し、買う前に、「これ便利!」と思ったら、本当に使い続ける自信があるか?どの程度の頻度で使うか?なんて考えたら、簡単にはおうちへ入れることが出来なくなるかもしれません。

 

②キッチンマット&バスマット


我が家でも、つい先日まで、キッチンマットを使っていました。

でも、あることでお掃除の妨げになったり、洗濯の際に手間がかかることが大変と感じるのであれば、手放すことも選択肢に入れたらいいと思います。

また、バスマットに関しても、いわゆる裏側に滑り止めなどがついているモノは洗濯も面倒になりますし、時期によっては、乾きが悪いということもありますので、その手間を考えて吸水性のいいバスタオルを使うなど工夫してみるといいと思います。

 

③収納用品


片づけよう!と思うと、収納用品を買おう!となりがちですが、モノが増えるたびに買いたくなるモノでもあります。

ですから、収納用品は出来るだけ増やさないように気を付けてほしいと思います。収納を増やそうと思ったら、まずは、持ち物の中で使っていないものがないか?を見極めて、モノを減らすことから始めていただきたいと思います。

 

④洗い替え


寝具の洗い替え、パジャマの洗い替え。

洗い替えを用意すると、洗い替えを保管する場所を確保しなくてはなりませんし、洗ったものと交換する手間もかかるのです。そう考えると、洗ったシーツなどは、乾いたらすぐに布団にセットし直せばいいのだと思います。そうすればスペースが出来ますし、家事を少なくすることにもつながります。

持っていて当たり前と思っているものも多いので、本当に必要か、どれだけ使う回数があるのかで見極めて、余分な持ち物を手放すようにすると、おうちの収納はうまくいくと思います。

 

MAKOさんのインテリアをもっと見たい方はこちら

 


関連記事


/

この記事の著者

BIGLOBE Beauty

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録