アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

ツレヅレハナコ考案!夜食に◎な鮭ハラス小どんぶりの作り方

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

友だち追加 新着記事をお知らせします!

夕ご飯を早くに済ませた時や、残業を頑張った時、真夜中近くにお腹が空いちゃうことってありますよね。
そんな時に恋しくなるのが小どんぶり。お茶椀以上、どんぶり未満のサイズで、程よく空腹を満たしてくれます。 

各種SNSで食情報を発信しているツレヅレハナコさんも小どんぶりラバーのひとり。美味しい小どんぶりを考えているうちに、70以上ものオリジナルレシピが誕生しました。
今回は、そんなツレヅレハナコさんが考えたレシピの中から、夜食や呑んだ後にぴったりなシンプルな1品をご紹介します!

香ばしく焼けた鮭にレモンをキュッと!
レモン鮭ハラス


材料 (1人分)
・鮭ハラス 1本
・レモン 1/4個
・ミント 適量
・ご飯 茶碗に軽く1杯分

レシピ 
1. 鮭ハラスは魚焼きグリルでこんがりと焼く。

2. ご飯にのせ、レモン、ちぎったミントを添える。鮭ハラスの身をほぐし、レモンを搾り、よく混ぜていただく。

眺めているだけで焼き魚の香ばしい香りが漂ってきそう~! 

『SPRiNG』10月号120ページからの特集「ツレヅレハナコさんの小どんぶり」や書籍『ツレヅレハナコの小どんぶり』では、他にも多数の小どんぶりレシピを紹介していますよ!

 

【Profile】
ツレヅレハナコさん

無類のおいしいもの好き。ブログやTwitter、インスタグラムなどで個人的な食情報を発信しているほか、食に関するエッセイの執筆、食マンガの原案なども担当。著書に『ツレヅレハナコの薬味づくしおつまみ帖』(PHP研究所)、『女ひとりの夜つまみ』(幻冬舎)などがある。

クセになる72小どんぶりを掲載!
ツレヅレハナコの小どんぶり
ツレヅレハナコ著/宝島社刊

photography_TAKU KIMURA 
styling_YURIKO KUBO ,Takarajima-online
※誌面画像の無断転載はご遠慮ください



↑『SPRiNG10月号付録は「ミッキーマウス 大人の腕時計」です

『SPRiNG』最新号のお知らせ



関連記事


情報提供元:宝島オンライン

更新日:2017年8月29日


0

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

よく読まれています

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録