アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【助産師解説】新生児微笑ってなに?赤ちゃんの笑顔の段階と見られる時期

目次

新生児微笑とはどういったもので、なぜ見られるのかについて助産師が解説します。新生児微笑が起こる時期から、人に対して笑いかける社会的微笑が出てくるまでの過程もお伝えしています。

この記事の解説助産師 佐藤 裕子先生 日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院の総合周産期母子医療センターで10年勤務。現在は助産院マタニティハウスSATOにて、妊娠から出産、産後のトータルケアを担っています。「日々ママや赤ちゃんに寄り添い、笑顔になってくれるのが何よりのやりがいです 」

新生児微笑はいつからいつまで見られる?

853843596

Getty logo

先輩ママの中には新生児微笑が見られたという方もいれば、見たことがないという方もいます。この新生児微笑とは医学的にはどういうもので、いつ、どのようなときに見られることがあるのでしょうか?ここからは赤ちゃんの微笑みについて助産師が詳しく解説します。

新生児微笑とは

新生児期には、寝入りばなや寝ている間に、ほんの1~2秒ほどですが赤ちゃんが目を閉じたままにっこりすることがあります。これが、「天使の微笑」や「えな笑い」とも呼ばれる新生児微笑(生理的微笑)というものです。

新生児微笑は、おもしろいことや嬉しいことなど外的な刺激を受けて笑っているわけではなく、反射的に起こる、この時期特有の生理的な笑いといわれています。不随意運動(自分の意志とは関係なく体が動くこと)なので、いわゆる「微笑み」ではないという意見もありますが、授乳後、気持ちよく眠っている場合などに起こりやすいことから、やはり心地よさや満足感の表現だろうと考える専門家もいます。また、レム睡眠のときに微笑が見られることが多いことから、もしかしたら夢を見て笑っているのかも?という考えもあるようです。レム睡眠は身体は眠っているのに脳だけは働いている状態なので、この間は口をもぐもぐさせたり、手足がぴくっと動くこともあります。このような一連の動きとともに、新生児期には微笑が見られることもあるというわけですね。

このように、現象に対する要因はまだはっきりしたことがわかっていませんが、いずれにしろ外部から与えられた刺激に対する反応ではないことは確かなことから、内因性微笑とも呼ばれています。

新生児微笑が見られる時期は?

新生児微笑は生後間もない頃から見られます。最近の報告によると、生後6週間頃から見られることが多いとのことです。

そして、生後2ヶ月頃になると、新生児微笑はほとんど見られなくなってしまいます。生理的な微笑みはなくなりますが、この頃からは抱っこやあやしといった外からの刺激に対して反応する「社会的微笑」が出てくるようになります。

社会的微笑が出てくる時期と笑いの段階

878228452

Getty logo

新生児微笑は生後6週間~2ヶ月頃までで見られなくなってきますが、その後は外からの刺激に対する反応としての微笑みが出てきます。この、社会的微笑が出始める一般的な時期と、成長のステップについてお伝えします。

社会的微笑が始まるのは生後2ヶ月頃

生後2ヶ月頃になると新生児微笑がなくなり、それとともにママなど、人の顔を見てにっこり笑う「社会的微笑」が見られ始めるようになります。親子の絆が目に見える形となったようで嬉しいかぎりですが、残念ながらこの頃の笑顔は人形や写真などを見ても起こる「普遍的微笑」と呼ばれるもので、ママだから笑いかけているというわけではないんですね。

こう言われるとがっかりしてしまうかもしれませんが、これは成長過程として当たり前のステップです。顔や表情というものをある程度認識できるようになってきて、それに対する反応が出てくるようになったということは、発達における重要なステップのひとつです。

生後4ヶ月頃になると、微笑に変化が

この頃になると、視覚と聴覚、触覚などの各機能が連携をはじめます。音がする方を探して見つけたり、気になるものに手をのばすようになることも。首がしっかりすわって縦抱きも楽になるので、より多くの動きができるようになり、視野にも変化が出てきます。

このような過程で、ママなどの顔をじっと見て、静かににっこり笑うという、普遍的微笑とは明らかに違った微笑みに気づくことが多くなるでしょう。“何かの顔”といった漠然としたものに対する微笑ではなく、ある特定の人に対する微笑に変化したということですね。

人に対する微笑みが見られ始めると、あやしたり、話しかけたり、歌いかけたりすることに反応して、声をたてて笑うことも多くなってきます。

まとめ

1138322714

Getty logo

新生児微笑は、生後間もない頃から2ヶ月頃までに見られる生理的な現象です。寝入りばなや寝ている間に見られることが多いですね。ほんの1~2秒という一瞬のことなので、一度も見られずに成長してしまうこともあるでしょう。生後2ヶ月頃からは、外の刺激に対する「社会的微笑」が現れ始めます。最初は人形や絵を見ても笑う普遍的な微笑みですが、月齢が進むにつれてはっきりと人に向ける笑顔が出てくるように。笑顔ひとつにも成長があることを知ると、その段階を楽しい気持ちで見守ることができますね。

(文・構成:マイナビウーマン編集部、監修・解説:佐藤裕子先生)

※画像はイメージです


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

michicos
michicos

カテゴリ

公式アカウント

michicos
michicos
ログイン・無料会員登録