アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【専門家監修】そうめんを使った離乳食レシピ!塩分は?手づかみ食べも?

目次

食材ごとの離乳食レシピと調理のコツを、離乳食に詳しい管理栄養士の川口先生にお聞きするこのコーナー。今回のテーマは「そうめん」です。お米以外の炭水化物として取り入れやすいですよね。塩分は大丈夫?など、離乳食のそうめんについて、川口先生にお聞きします。そうめんなのに手づかみできちゃうレシピも!

この記事の執筆・監修管理栄養士 川口由美子(管理栄養士/母子栄養指導士) 一般社団法人母子栄養協会 代表理事 女子栄養大学 生涯学習講師。大学時に小児栄養学を学んだのち、育児用品メーカーでベビーフード開発を経て栄養相談、離乳食レシピ執筆、講演会に携わる。2児の母。現在は、母子栄養協会にて離乳食アドバイザー®他、専門家を養成している。

赤ちゃんも大好き!そうめんを使った離乳食

麺類が好きな赤ちゃんは多いものですが、離乳食でそうめんを使う場合はどのようなことに気をつけなくてはいけないのでしょうか。

ちょっと気にしたい、そうめんの「塩分」

Img 2682

そうめんは、小麦粉と塩でできています。 (同じく小麦粉の麺である、うどんも小麦粉と塩でできています。)

でも、茹でたそうめんを味をつけずに食べても、塩味はあまり感じませんよね? これは「隠れ塩分」とも言えるでしょう。

こういった「隠れ塩分」は、そうめんやうどんの他、パンなどにも含まれます 表面に味がついているものよりも意識せずにとってしまうので、特に乳児期には気をつけたいものなのです。

Img 2687

しかし、茹でこぼす※ことによって、多くの塩分は茹で汁のほうに移行します。 多量の湯で茹でたあとは、水にさらしてよく洗いましょう。

※「茹でこぼす」とは……食材を茹でたあと、茹でた汁を捨てること

「一緒に食事」の効果

Img 2717

離乳食は特別なものとして考えず、大人がそうめんを食べる時に一緒にそうめんを食べることはいいことです。

初めのうちは「大人と別に作らなくてはいけないから手間」「離乳食を食べさせ終えるまで自分の食事がとれない」など、大変だと思います。

コツをつかんで慣れてくると、取り分けやひと手間が必要なものの「できるだけ一緒に作る」や、同じ食卓でお互いが食事をする姿を見せ合いいながら「できるだけ一緒に食べる」ができるようになるでしょう。大人の食事をする様子で、赤ちゃんは咀嚼(そしゃく)などを自然と学びます。「一緒に食事」は赤ちゃんの成長にとても大切なことです。

<初期・中期・後期・完了期>そうめん、離乳食期ごとの目安

Img 2697

・離乳初期(5~6ヶ月) 裏ごしならOKですがオススメしません(塩分が強いのと裏ごししにくいので)

・離乳中期(7~8ヶ月) 裏ごし、もしくは5㎜程度に切って

・離乳後期(9~11ヶ月) 1㎝程度に切って

・離乳完了期(12~18ヶ月) 3㎝程度でもOK。様子をみながら食感を楽しんでみて

※月齢は目安です

そうめんの裏ごし方法

Img 2694

初期~中期にあげられる、簡単な裏ごしの方法をお伝えします。

なお、塩分が心配な上に少々裏ごししにくいので、がんばって離乳初期にあげようとしなくてもいいでしょう。

袋で簡単!そうめんの裏ごし

1.やわらかく茹でて水にさらしたそうめんを、袋に入れます

Img 2703

2.袋の上から手でよく揉みます

Img 2707

特別な調理器具も使わず、洗い物も少なくなるので楽ですよ。

Img 2691

中期以降は、時期に合わせてカットする長さを調節すれば、裏ごししなくてOKです。

<川口先生おすすめレシピ>そうめんに飽きたら、手づかみそうめん!(9ヶ月頃~)

Img 2716

そうめんというと、おつゆに入れてツルツルっと……というイメージですが、実は手づかみ食べに最適な料理にもなるんですよ。ママパパの分から取り分けたものを使うこともでき、赤ちゃんが自分で口に運ぶことができるので「一緒に食事」に最適ですね。

材料

・やわらかく茹でてつぶしたそうめん約50g ・片栗粉小さじ1/2 ・米油(焼き用)適量

作り方

① 前項のとおり、そうめんを袋を使って裏ごしする

② 揉みこんだ袋のなかに片栗粉をふりいれ、さらに混ぜる

③ 袋の端を切って1~2cmほどの穴をあけ、熱した米油を敷いたフライパンの上に絞りだして両面焼く

Img 2709

④ 両面よく焼いたらできあがり。

Img 2713

まとめ

そうめんは夏場は冷たく冷やして、寒くなってきたら温かいおつゆで……と大人も一年中楽しめる食材で、米やうどん、食パンなどと同じく炭水化物がとれます。つぶして焼けば、離乳食後期ごろの手づかみをしたい月齢の赤ちゃんにオススメですよ。そうめんの塩分はしっかり落とすことを忘れずに、是非、家族と一緒に楽しい食卓を囲んでくださいね。

(文・写真:川口由美子先生)


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録