アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

10月から開始!どのくらい知ってる?幼保無償化について

目次

10月から開始!どのくらい知ってる?幼保無償化について

2019年10月から全国同時に「幼保無償化」がスタートします! みなさんはこの幼保無償化についてどのくらいご存知ですか? よくわからなくて不安な部分もあるかと思います。そこで今回はママ政治家の清家あいさんに、幼保無償化について詳しく解説していただきました♪

1. 対象になる施設やサービスは?

①完全無償化になるのは…

認可保育園・保育サービス、公立幼稚園、一部私立幼稚園、認定こども園は「完全無償化」になります。
( ※基本保育料に限ります。)

②一部補助の対象になるのは…

認可外保育園・保育サービス、一部私立幼稚園は「一部補助」になります。
(※認可外保育園・保育サービスと幼稚園の預かり保育は、利用者の方が申請をして保育認定を受ければ補助が出ます。)

③対象外になるのは…

届け出をしていない認可外施設・サービス、一部インターナショナルスクール、民族学校は「対象外」となります。

2. そのほかに対象外になるものは?

給食費、制服代、写真代、保護者会費など、実費経費となるものは3~5歳児でも「対象外」になります。
また保育園の延長保育代も「対象外」です。

3. 対象になる児童は?

①3~5歳のすべての子ども

3~5歳のすべての子どもが対象になります!

②住民税非課税世帯の0~2歳の子ども

また0~2歳児は、住民税非課税世帯のみ対象となります。

4. 居住地や世帯所得による制限はなし!

3〜5歳児の場合は、居住地や世帯所得による制限はありません。
地方自治体によってはさらに補助を上乗せしていたり、対象・対象外施設を定めているので、住んでいる地域の状況を確認してみましょう。 .

ご自身が対象になるのか、また詳しい手続き方法などは、役所や利用している園・サービスに確認してみてくださいね。
幼保無償化は10月から全国同時スタートです! 問い合わせなどはお早めに◎

ライター:あだちあやか


/

この記事の著者

ママタス

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録