アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】妊婦健診でもらえるエコー写真の見方が知りたい!超音波検査って何?

目次

妊婦健診で行われる超音波検査は、胎児と対面できるチャンス!毎回楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。健診のあとには、エコー写真をもらうこともできます。この超音波検査では、いったい何がわかるのでしょうか?

この記事の監修ドクター 浅野仁覚先生 アルテミスウィメンズホスピタル(東京都東久留米市)院長。福島県立医科大学、同大学院卒業後、社会保険二本松病院、南相馬市立総合病院産婦人科医長、福島県立医科大学附属病院総合周産期センター(母体・胎児部門)助教、東府中病院副院長を経て現在に至る。日本産科婦人科学会専門医、医学博士、J-MELSベーシックコースインストラクター

妊婦健診で行われる超音波検査って?

1043557094

Getty logo

まずは超音波検査を行う本来の目的や、検査方法の種類について紹介します。

超音波検査の目的は ?

996271208

Getty logo

妊娠中の超音波検査というのは、妊婦さんにとっては胎児との貴重な対面タイム。モニター越しにさまざまなポーズをしている胎児や、動いている胎児を見るとうれしく感じる人も多いのでは?でも、超音波(エコー)検査とは、本来は広い意味で出生前検査の一種です。胎児がちゃんと成長しているのか、異常はないのかを確認するために重要な検査なのです。超音波検査は、X線検査やCTとは違って、胎児が放射線に被ばくする心配がないうえ、MRIと比べても簡単に行うことができるのが特徴です。

超音波検査で確認する項目はたくさんあります。また、妊娠初期と妊娠中期以降では、確認する項目が違ってきます。いったいどのような項目を確認するのでしょうか?次項で詳しくみていきましょう。なお、妊婦健診では以下で紹介する全項目を毎回みているとは限りません。その時医師が必要と判断した項目が確認されています。

妊娠初期に行われる超音波検査のおもな目的

・正常妊娠かどうかの確認 子宮内に胎嚢があるかどうかを確認します。妊娠検査薬で陽性が出ても、卵管など子宮外に胎嚢がある場合は、いわゆる異所性妊娠(子宮外妊娠)とよばれる状態で、妊娠は継続できません。また、異所性妊娠には大量出血などの危険性もあるので、子宮内に胎嚢があるかどうかの確認は必須です。

・胎児の心拍の確認 心拍があるのは、胎児が生きている証拠です。また、胎児心拍数は週数によって変化しますので、週数にあった心拍数かを確認しています。

・胎児の数の確認 胎児が双子や三つ子の場合もあります。胎児、絨毛膜、羊膜の数を確認して、子宮内の胎児に絨毛膜や羊膜がそれぞれあるのかを把握します。

・妊娠の週数を算出 妊娠週数は、最終月経開始日から算出されますが、排卵時期が予想の日からずれることもあるため、最終月経開始日からの週数が必ずしも正しい妊娠週数であるとは限りません。妊娠初期は胎児の成長の個体差が少ないため、胎児の大きさを測定することで、妊娠週数を正確に知ることができます。

・胎児の形態に異常がないかどうか 頭や首、胸、おなか、手足の観察をします。

・子宮・卵巣の異常があるかどうかを確認 子宮に奇形や子宮筋腫がある場合や、卵巣に卵巣腫瘍がある場合は、妊娠や分娩にも影響が出る可能性があるため、確認します。

妊娠中期以降に行われる超音波検査のおもな目的

・胎児の発育の確認 胎児の頭やおなか、手足の長さなどを測定し、正常に発育しているかどうかを確認します。

・胎児の形態や向きの観察 心臓や脳、胸、おなか、脊椎などの形に異常がないかどうかを確認します。また、逆子(骨盤位)や横向き(横位)ではないかどうかなど、赤ちゃんの向きも確認します。もしこれらに異常がある場合は、あらかじめ適切な分娩方法を選んだり、出生後の治療の準備を行ったりすれば、赤ちゃんの命を助けたり、後遺症を減らしたりすることにつながります。

・羊水量の確認 母体が妊娠糖尿病であったり、胎児の消化管が閉鎖していたり、中枢神経系に異常があったりすることが原因で、羊水が多すぎることがあります。原因不明で起こることもよくあります。また反対に、胎児の腎臓や尿路に問題がある場合や前期破水している場合は、羊水量が少なすぎることもあります。いずれも原因を調べ、それに応じた精密検査や治療を、外来や入院で行うといった対応がとられます。

・胎盤の位置の確認 前置胎盤(胎盤が子宮口の一部や全部を覆っている状態)や低置胎盤(胎盤が子宮口の近くにある状態)かどうかを確認します。前置胎盤の場合は、帝王切開でないと出産できません。低置胎盤も帝王切開の可能性が高くなります。

・子宮頸管長の測定 子宮収縮や出血がなくても、子宮頸管が非常に短くなっている場合は、早産の危険性が高くなります。

・臍帯の確認 臍帯がどこにあるのか、赤ちゃんの首に巻き付いていないかどうか、血管の数、下垂していないかどうかを確認します。

なお、妊娠中期以降は、超音波検査で性別がわかることもあります。ただし、性別の告知を積極的に行わない考えの医師もいます。

どうやって検査するの?

超音波検査の方法には大きく2種類あります。ひとつめは、経腟超音波プローブを使う「経腟法」。そしてもうひとつは、経腹超音波プローブを使う「経腹法」です。

経腟法 腟の中にプローブを入れて子宮内の様子を観察します。周波数が高く、解像度が高いのが特徴で、腟に近いところがはっきりと見えます。子宮だけでなく、卵巣の観察にも適しています。妊娠していないときや妊娠初期の検査はおもにこちらの方法で行われます。

経腹法 おなかの上からプローブを当てて子宮内の様子を観察します。周波数が経腟法に比べ低いため、深いところまでよく見えるのが特徴です。妊娠中期以降の健診や、大きな子宮筋腫、卵巣腫瘍などの検査に使います。ただし、骨盤に近い場所を観察する場合や皮膚に傷跡がある場合、皮下脂肪が厚い場合はこの方法で観察するのは難しいことがあります。

エコー写真をチェックするポイント記号やアルファベットの意味は?

457162975

Getty logo

超音波検査で動いている赤ちゃんを見た後は、エコー写真をもらえることが多いです。超音波検査では人の耳では聴こえない、周波数の高い音波を妊婦さんの体に当て、その反射の仕方で中の様子を観察します。エコー写真では、音波が反射しやすい胎児の骨など硬いものは白く映り、音波が反射せず通り過ぎてしまう羊水などの液体は黒く表示されます。

エコー写真には、アルファベットや数字がたくさん記載されています。これらのアルファベットや数字の意味を知っておけば、さらに検査結果について深く理解できるようになるはずです。

エコー写真に記載されることの多い記号やアルファベットの意味は次の通りです。

AC……体幹周囲長(abdominal circumference)。お腹の周囲の長さ。

AFI……羊水インデックス(amniotic fluid index)。羊水の量を示す指標。

AGE(またはGA:gestational age)……妊娠週数。AGEに記載されている○w○dは、○週○日を意味する。

APTD……体幹前後径(antero-postero trunk diamete)。お腹(おなかの壁から脊椎の突起まで)の厚み。

BPD…頭大横径(biparietal diameter)。頭の最も大きい横幅、最大横径 。

CC……胸囲長(chest circumference)。胸のまわりの長さ。

CRL……胎児頭殿長(crown-rump-length)。胎児の頭からお尻までの長さ。

CTAR……心胸郭断面積比(cardiothoracic area ratio)。心臓の面積を胸郭の面積で割った値を%で示したもの。赤ちゃんに先天的な心疾患がないかどうか確認するための数字。

EDC(expected date of confinement)(またはEDD:Estimated Due Date、DEL)……分娩予定日。

EFW……推定児体重(estimated fetal weight)。BPD、AC、FLの数字をもとに算出する。

FL……大腿骨長(femur length)。大腿骨の長さ

FOD……頭蓋前後径(frontal occipital diameter)。頭蓋骨の前後の長さ

FTA……体幹断面積(fetal trunk area)。おなかの断面積

GS……胎嚢(gestational sac)。胎児が入っている袋

SD……標準偏差。平均と比べて大きいか小さいかがわかる。おおむね±1.5までが標準範囲とされている。

TTD……体幹横径(transverse trunk diameter)お腹の左右の幅。APTDと直交する径の長さ。

エコー写真の保存方法は?そのままにしておくとダメなの?

エコー写真は、赤ちゃんが産まれた後も見返したくなるかもしれません。しかし、エコー写真の多くは感熱紙に印刷されています。感熱紙とは、熱を感知することで色が変化する紙なので、エアコンやストーブ、ドライヤーなどからの温風・熱風がかかる場所に置いておくと黒くなってしまうのです。そのような場所でなくても、ポケットアルバムに入れて何度も出し入れしていくと、次第に写真がかすれてはっきりと見えなくなってしまいます。

ですから、長く保存したいのであれば、写真をスキャンしてデータとして保存するか、コピーを取るか、写真に撮りなおすなどをしておくことをおすすめします。なお、ラミネート加工は、フィルムに写真をはさんだあとに熱で温めるため、やはりエコー写真の保存には向きません。

まとめ

妊娠中は赤ちゃんがしっかり育っているのかとても不安なものです。そのようななかで、定期的に行われる妊婦健診は、赤ちゃんの状態がわかる貴重な機会といえます。そして、健診の記録であるエコー写真の見方を知っていれば、赤ちゃんの成長をさらに正確に把握することができるはずです。

(文:今井明子/監修:浅井仁覚先生)

※画像はイメージです


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録