アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【大人のメイクテク】一気に顔が若返る!40代が試したい3つのレスキューテク

目次

雑誌やウェブで見かけたメイク法や、コスメカウンターで試したメイクを再現してみても「あれ? なんだかキマらない……」と思ったことはありませんか?

40代は、なにかと顔まわりの変化も訪れやすい年代。

トレンドのメイクを丸っと真似ただけでは「かえってオバ顔」「いつもより老けて見えていそうで不安……!」も、“あるある”です。

「このところ、トレンドを取り入れるたびに老け見えが心配」にお心当たりのある40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、メイクがキマらないときに40代が試したい、ちょこっとテクのお話です。

 

メイクがキマらないときに試したい…40代のメイクテク1:アイラインを強めてみる

 

コスメカウンターでおすすめされたアイシャドウの塗り方や、雑誌のメイクページに書かれている手法をそのまま取り入れてみたら「なんだか、顔がぼやけた感じ」「普段より、オバサンっぽくなっちゃった!」なんてことも起こるのが40代の常。

そんなときには、アイラインを強めてみるだけでも、ぼやけた印象が引き締まり、フレッシュな雰囲気に変わるパターンも少なくありません。

昨今は、あまりアイラインを主張させないメイクもトレンド。だけれど、アイシャドウの色や塗り方によっては、40代の目もとは“ぼやけがち”なのも確かです。

そこであえて、アイラインを太くor濃く入れると、もともとのメイクのテイストをそこまで崩さずに、目もとのオバ感を払拭するテクに。

「カラーマスカラをしてみたけど、目に年齢が出ている気がする!」というときにも、アイラインで解決できるかもしれません。

 

メイクがキマらないときに試したい…40代のメイクテク2:チークの位置を変えてみる

 

チークの位置ひとつで、オバ見えもすれば若見えもするのが40代。

新しい色に変えたときや、普段とは異なる位置のチークにトライしたときほど「ん? なんだかオバサンぽいかも?」にも、ぶち当たりがちです。

新しいテイストのメイクをしたときに「アンバランス」「不健康そうに見えてる?」と感じたら、チークを広げたり、位置をずらすなどの微調整もオバ見え回避に有効なテク。

チークでやつれた印象が強まったときなどは、ちょっと広さや位置を変えるだけでも、健康そうな印象を取り戻せる術になる場合も多いのです。

迷ったときには、広範囲にふわっと入れてみるのも、手っ取り早い修正テクです。

 

メイクがキマらないときに試したい…40代のメイクテク3:眉毛の長さや太さを変えてみる

 

季節の変わり目には、これまでと異なる色を用いたメイクを楽しむ40代女性も少なくありません。

しかし、アイシャドウやアイライン、口紅を変えてみたら「ギョッとするほど、オバ見え!」なんてことになるのは残念。

「このメイクは、老け見えかも?」を少しでも感じると、二度とそのコスメは使いたくなくなるのも心理だけれど、そこで眉の長さを少し調整してみると、印象がガラリと変わるケースも。

一般的には、眉は太く短いほうが若見えすると言われていますが、メイクのテイストによっては必ずしもそうとは言い切れず、いろいろ試してみると「このメイクのときは、こんな眉が良さそう」が見えてきます。

ダサ眉にはしないようある程度のトレンドは意識しつつも、カーブや長さ、太さを調整して、うまくトレンドとマッチさせてみてください。

 

新しいメイクを試してみて「私って、老けたなぁ……」と感じるのは、40代になると“みんなが通る道”と言っても過言ではありません。そんなとき、使ったコスメを封印するのではなく、パーツにちょこっと手を加えて“キメ顔”を取り戻せれば、不必要にテンションが下がらずに済むのではないでしょうか。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録