アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】赤ちゃんが笑うのはいつから?笑顔を引き出すコツ

目次

赤ちゃんの笑いの段階と笑顔を引き出すコツについて、医師が解説します。いつになったら笑顔が見られる?なかなか笑わない……と心配されるときの考え方と対応についてもお伝えしています。

この記事の監修ドクター 大越陽一先生 杏林大学医学部卒業、杏林大学医学部小児科学教室任期助教、埼玉県立小児医療センター循環器科医長を経て現在アルテミスウイメンズホスピタル小児科勤務。小児科専門医

赤ちゃんはいつから笑うの?笑顔の段階と発達過程

875579848

Getty logo

赤ちゃんの笑顔は、ママやパパにとって何にも代えられない喜びですよね。その天使の笑顔は、いったいいつ頃から見られるようになるのでしょうか?赤ちゃんが笑い始める時期と、その過程について見ていきましょう。

赤ちゃんに初めに現れる笑いは「新生児微笑」

535462776

Getty logo

赤ちゃんの笑顔は、実は新生児期からすでに見られることがあります。寝入りばなや寝ている間、ほんの1~2秒間目を閉じたままにっこりすることがあるのですが、これが赤ちゃんに初めて見られる笑顔のようなもので、新生児微笑(生理的微笑)と呼ばれます。一般的には、「天使の微笑」や「えな笑い」と呼ばれることもあります。

ただ、新生児微笑は反射的に起こる生理的な笑いで、面白いことや嬉しいことなど、外的な刺激を受けて引き出される笑顔とは違います。新生児微笑が現れるはっきりとした理由はわかっていませんが、授乳後、気持ちよく眠っている場合などに起こりやすいことから、心地よさや満足感の表現だろうと考える専門家もいます。また、顔の筋肉のけいれんで微笑みとは無関係という意見もありますが、いずれにしろ外部から与えられた刺激に対する反応ではありません。

新生児微笑が現れるのは寝ている間のほんの一瞬なので、中には一度も見られなかったというママもいます。もちろん、現れ方にも個人差があるので、見られないからといって心配することはありません。見られたらラッキーくらいに考えるといいでしょう。

生後2ヶ月頃からは「社会的微笑」が見られるように

新生児微笑は生後間もない頃から出てくるようになり、2ヶ月前後になるとほとんど消えてしまいます。そして、新生児微笑がなくなるとともに、この頃からは人の顔を見てにっこり笑う「社会的微笑」が見られるようになってきます。生理的な微笑とは異なる、外的刺激を受けての笑いが見られ始めるということですね。

ただ、この頃の笑顔は、まだ人形や写真などを見ても起こるもので、「ママ・パパだから笑う」といった深い意味合いはありません。人、ぬいぐるみなどに関わらず、顔と見られるものに対しては何にでも笑いかける可能性があるということです。

成長過程の中で、赤ちゃんはママなどの顔をじっと見てにっこり笑うようになったり、あやす、話しかける、歌いかけることに反応して声をたてて笑うことも多くなってきます。普遍的な微笑から人に対する微笑へと、笑いが深い感情をともなうものに変化していくというわけです。

スキンシップや一緒に遊ぶことで、赤ちゃんは楽しい・嬉しいという感情を持って笑うことが多くなってきます。ママやパパがたくさん笑いかけ、話したり歌ったりするようにすると、赤ちゃんの笑顔や笑いが見られやすくなるでしょう。

あまり笑わないけど大丈夫?

964742874

Getty logo

では、生後2~3ヶ月を過ぎてもなかなか笑顔が見られない、笑う頻度が少ない……という場合は、何か問題があるのでしょうか?ここからは、笑わない赤ちゃんへの対応と考え方についてお伝えします。

笑う時期や頻度には個人差がある

一般的には生後2ヶ月頃から社会的微笑が現われ、3~4ヶ月頃には嬉しい・楽しいという感情からの笑いが見られ始めるようになるとされますが、その時期や頻度には個人差があるのも事実です。他の子と違ってなかなか笑わない、笑うことが少ないという場合も、それはその子なりの成長スピードで、大きな問題ではないことがほとんどです。

なお、人見知りが始まりやすい生後6ヶ月頃になると、知らない人が近くにいると表情が固まってあまり笑顔が見られなくなることも珍しくありません。この頃になると、あまり人見知りをしない子と人見知りが激しい子で笑う頻度に差が出てくることもよくあること。笑わないことも一つの個性ととらえ、心配しすぎないようにしましょう。

どうしても気になるときは専門家に相談を

とはいえ、子供の発達はとても心配なものです。あやしても反応がないなど、気になる様子が見られるときは、ひとりで悩まず、かかりつけの小児科などで相談してみるといいでしょう。

まとめ

赤ちゃんが笑うのは、生後2ヶ月を過ぎた頃からが一般的です。その前にも「新生児微笑」と呼ばれる笑いが見られることがありますが、これは反射的に起こる生理的な笑いです。赤ちゃんの笑顔はママとパパにとって元気の源になるとともに、あまり笑わないと何か問題が?と心配の要素にもなるでしょう。でも、笑う頻度には個人差があり、人見知りの程度でも変わってくるので、あまり心配しすぎないでくださいね。あやしても反応しないなどがある場合は、一度医療機関で相談してみてください。

(文・構成:マイナビウーマン編集部、監修:大越陽一先生)

※画像はイメージです


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録