アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

何を買う?軽減税率って?10月からの増税について知っておきたいこと◎

目次

何を買う?軽減税率って?10月からの増税について知っておきたいこと◎

10月から10%になる消費税。しかし今回の増税は今までとはちょっとちがいます! 軽減税率とはなんなのか、事前にどんなものを買っておけばいいのか、など今回の増税について詳しいあれこれを税理士の小野寺綾子さんに教えてもらいました♪

10月からの増税について知っておきたいポイント!

①実は、8%のままのものもある!

酒類・外食を除く飲食良品は8%のままなんです♪

「据え置き」のもの

・ファストフードのテイクアウト
・コンビニの弁当・惣菜
・屋台 も椅子やテーブルがない場合は「飲食設備」がないため、8%のまま
・幼稚園・小中学校の学校給食
・出前・宅配・もちろんウーバーイーツのような宅配も8%
・アルコール度数が1%未満のノンアル飲料、甘酒も8%
・粉ミルク、レトルトの離乳食
・サプリメント、ダイエット食品、美容食品、トクホ食品( ※医薬品に該当しないため)

お酒以外の飲食料品で、持ち帰るものとデリバリーは据え置き、と覚えておくといいですね!

②盲点で10%になってしまうもの

本みりんはアルコールが11.5度以上12.5度未満で塩分が1.9%のものなので、10%の対象になってしまいます。
「医薬品」はもちろん「医薬部外品」も対象になるので栄養ドリンクも10%。
“ 人が食べるもの以外 ” は10%になるのでペットフードも10%に。

水道料金も、水道水は “ 生活用水 ” と判断されるため10%になります。

ちなみに、ミネラルウォーターは8%。ウォーターサーバーは本体が10%、カートリッジは8%とそれぞれ異なるので注意が必要です。

ケーキ屋さんなどでつけてもらう保冷剤も、有料でつけてもらったものは10%になります。

回転寿司でその場で食べきれなかったものをテイクアウトする場合も10%に。

コンビニで買ったお弁当は持って帰るときは8%ですが、イートインコーナーで食べるときは10%になるので要注意!

③10月までに買っておいたほうがいい大きな買い物は何?

家電は?

テレビ、パソコン、炊飯器、オーブンレンジ、洗濯機、掃除機、など高額なものは買っておく方がおすすめです!
自治体によっては、省エネ家電に対して補助制度が始まる場合もあるので、お住まいの地域の制度を調べてみてくださいね。

賃貸住宅は?

賃貸は、消費税が掛かってないので影響はありません。

分譲住宅は?

分譲は、引き渡し日が9/30以前であれば8%に間に合います!

車は?

納車日で判断されるため、今からの購入だと8%での購入は難しいと思います。
ですが、それに伴って他の税金が減額される制度もあるのでチェックしてみましょう!

その他にも…

オムツ、生理用品、洗剤などの生活用品や…

常備薬も増税前に買っておくのがおすすめです◎

10月以降に使用する予定の公共交通機関のチケットも、9/30までに購入すれば8%!

映画のチケットや、遊園地のチケットも事前に買えるものは買っておくのがおすすめです!
※各チケットの有効期限には注意してくださいね!

10月からの増税はちょっと内容が複雑な部分もあります。
正しい知識を身につけて、9月中の買い物やお得な制度のチェックなど、見逃さないようにしましょうね♪

出演 : 長島真衣さん
監修 : 税理士 小野寺綾子さん
ライター:あだちあやか


/

この記事の著者

ママタス

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録