アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

これやるとオバサン!40代が年齢以上に見える「秋のアイメイク」3つのNG

目次

アイメイクを変えたばかりに「あれ? 年齢より老けて見える……?」になれば残念の極み。

特に、秋色アイメイクには40代女性を老けて見せがちな色みも少なくないために、気を抜けません。

「今年、アイメイクを冒険するつもりだけど、老け見えは困る!」にお心当たりがある40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、40代女性を年齢以上に老け見えさえがちな秋のアイメイクに迫ります。

 

これやるとオバサン…40代女性を老けて見せがちな秋のアイメイク1:発色が強いカラーマスカラ

 

バーガンディーやグリーン、ネイビーなど、秋のまつ毛はブラックやブラウンではなく、ダークなカラーマスカラを使いたくなる40代女性も少なくないはず。

けれど、発色が強すぎるカラーマスカラは、ミドル女性が使うと「若作りしてる……!」のイメージにも直結しやすく、やや危険とも言えます。

角度によって色がわかるようなさりげない発色であれば「おしゃれ!」になるところ、やたら色が主張するまつ毛だと、コスプレのような滑稽な印象を与えがちなのも確か。

若作り感が出てしまうと、それだけでかえって老け見えを加速させがちだけに、カラーマスカラを使う際にはさじ加減が重要です。

太陽光のもとだと主張が強くなるケースも少なくないため、TPOに応じて、さらには発色を見極めつつ使い分けて。

 

 

これやるとオバサン…40代女性を老けて見せがちな秋のアイメイク2:下まぶたにべったりダークカラーのアイシャドウ

 

40代のぼやけがちな目もとを、パキッとフレッシュによみがえらせてくれるダーク系のアイシャドウは、上まぶただけでなく、下まぶたにも塗ることにより、目もとにインパクトが出てエネルギッシュな演出に。

しかし下まぶたにべったりと濃いめの色が塗られていると「やたら厚化粧」「若作り感がすごい」などのネガティブなイメージも加速しやすいのは否めません。

特に、秋色と言われるブラウンやダーク系の暖色アイシャドウは、目もとの印象を強めてくれる分だけ、主張も強い色。

写真写りを上げる助っ人になれど、リアルな対面で見ていると「毒々しい」ともなりがちです。

さらに40代ともなると「目もとのメイク、落ちてるよ?」の印象にもなりやすい面も否めず、悲しいかな、あえての下まぶたメイクが、まぶたの弾力不足によるメイク落ちにも誤解される場合も……。

 

これやるとオバサン…40代女性を老けて見せがちな秋のアイメイク3:横顔にはみ出して見えるアイシャドウ

 

アイシャドウは、幅広に塗るほどにインパクトが強まり、しっかりメイクをしている雰囲気も強まります。

そして横長に塗る手法には、いわゆる“デカ目効果”があり、若い頃と比べ「目が小さくなってきた……」と感じている40代女性にも、便利なメイクテクニック。

ところが「デカ目」を意識するばかりに、横顔を見たときにアイシャドウがベッタリ……というレベルまで強調してしまうと、途端に「横顔がオバサン」にも!

無理している感ややりすぎ感が強まってしまい、痛々しさからの“年齢よりオバ見え”を招きかねないのです。

メイクの仕上げには、横顔も鏡でチェックすると、オバ見え回避の術に。

 

秋らしさを意識したアイメイクのせいで「年齢よりも老けて見える」を作っていたら、だいぶショック。今の時期は、メイクの衣替えも心がけたいタイミングだけれど、そのせいで「なんか老けた?」を招かないよう、くれぐれもご用心を!


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録