読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

産後クライシスは離婚の危機!? 夫と共に考える解決法

このコラムにありがとう

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

産後クライシスという言葉をご存知でしょうか。産後夫の態度や行動に対し、妻が夫に対して愛情を感じなくなることをいいます。産後クライシスという言葉はテレビ報道でも聞かれるようになり、これから出産を考えている夫婦や、すでに子供を産んだ方にも見逃せないことでしょう。どんなことなのか紹介します。

ママの産後クライシスって何?

548259275

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

産後クライシスの症状

産後クライシスとは、出産後急に夫に対する愛情が冷めてしまうことをいいます。勘違いしてはならないのが、夫の言動や行動がきっかけとなるのではなく、産後のホルモンバランスの変化が影響しているのです。

産後は母乳の分泌を促すプロラクチンが多く分泌されており、このホルモンの作用で育児に危害を及ぶものを遠ざけようとする生理現象です。この行動は動物にもみられるもので、人間だけが特別なことではありません。

産後クライシスになりやすい人

産後クライシスはホルモンだけの影響ではなく、妻の生活環境にも影響されていることがわかっています。夫の労働時間が長く、妻が仕事を持っている家庭で、産後クライシスが発生しやすいことが判明しているのです。

また、そのような環境があっても、子育てのことを夫に素直な気持ちで伝えられる妻は、産後クライシスになりにくい傾向があります。女性はストレスを感じると人に頼る傾向が強くなり、それを受け止めてくれる夫がいれば、産後クライシスになりにくいのです。

産後クライシスの原因と離婚

684275643

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

産後クライシスの大きな問題は、離婚問題まで発展する可能性があることです。妻のストレスが知らないうちに大きくなり、夫への愛情が失われたままだと、妻から離婚を言い出す可能性があります。

2人目出産後の夫との関係

1人目のときは産後クライシスにならなかったのに、2人目出産のときには夫への愛情が冷めてしまったという人も少なくありません。その理由は家族が増えれば、お互いが異性として見るのではなく、お父さんお母さんとして扱ってしまうからです。

また、子どもの数が増えればそれだけ妻の負担も増えるのに対し、夫はそれに気がつきもせずのんきに過ごしていれば、当然妻は夫に対して愛情を失ってしまいます。ただ夫が家事を手伝えばそれでいいという問題ではなく、子供がかわいいから育児を手伝う、妻のことを思っているから家事を手伝う姿勢が必要です。

里帰り出産が原因?

妻が産後里帰りをしていたら、産後クライシスになったというケースもあります。妻は出産を経験することで親になることができますが、夫は妻が里帰りすれば何も生活が変わりません。このままだと親になった実感を持てず過ごすことになるため、育児や家事を協力しようという考え方が生まれるはずがありません。

産後クライシスと離婚後の後悔

産後クライシスになったからといって、安易に離婚を考えてしまうのは避けるべきです。産後のホルモンバランスによる一時的な感情の変化で産後クライシスになっている場合もあれば、夫が育児の大変さをわかってくれないと葛藤を感じているケースもあるでしょう。

しかし、産後クライシスは恋人だった2人が家族へと成長する段階で、誰でも経験することだといえます。産後クライシスがない夫婦は逆に危険で、夫婦にとって問題を解決しないで先延ばしにしているだけです。後々また妻のストレスが増大し、本当に離婚の危機にまで達してしまうかもしれません。

産後クライシスの解決法

85782499

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

産後クライシスかもしれないと感じたら、きちんと解消法を理解しておきましょう。

産後クライシスはいつまで続く?

母乳を出すためのホルモン、プロラクチンの影響を受けているだけなら、母乳育児が終われば自然と産後クライシスは解消できます。しかし、ホルモンだけの問題にとどまらず、夫の言動や行動に対し、妻がストレスを感じている場合は、すぐに解消は難しいでしょう。

まずはパートナーと話し合いを

自分が産後クライシスだと感じたら、まずはパートナーとコミュニケーションを深めることが大切です。育児が大変なのを夫がわかってくれないと怒っていても、夫は何に対して怒っているのか、困っているのか伝わることはありません。

素直に伝えれば一時的にこじれることはあっても、2人で解決法を見つけることはできます。何も言わなくても夫は察してくれると勘違いしていると、いつまで経っても産後クライシスは解消できないままです。

辛いときはすぐにカウンセリングを

実は産後クライシスの悩みは、妻だけでなく夫も悩んでいる方もいるのです。夫は家事や育児をいくら手伝っても、妻はわかってくれないと悩んでいる方もいます。2人で話し合って解決できない場合は、専門家に相談してみるのも対策方法のひとつです。

まとめ

産後クライシスとは妻が夫に対し愛情が冷めてしまうだけの問題ではありません。今後の夫婦生活を上手く送っていくかのポイントにもなるため、夫婦2人で解消していくようにしましょう。男性は思っているより言葉に出さないと理解できない性質があるため、妻はできるだけ声に出して話を聞いてもらうようにしましょう。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

友だち追加 新着記事をお知らせします!

更新日:2017年10月7日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録