アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

「いつものメイク」だとオバ化する?40代が老け見えする【秋メイク】のNG3例

目次

秋は、汗をかきやすい夏と比べて、しっかりめにメイクをする女性も増えるシーズン。40代とて、例外ではありません。

一般的には、40代はすっぴんよりもメイクをした顔のほうが若見えを狙いやすいのも確かだけれど、残念なことに、メイクのちょっとした印象のせいで想定外の老け見えを招いてしまう場合もあるのも事実。

「秋メイクで、新色を試すのにワクワクします!」にお心当たりのある40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、老け見えを招く“いつものメイク”の落とし穴に迫ります。

 

ここに老け見えの落とし穴!40代がオバ化するメイク1:明るさのないアイシャドウ

季節を問わずにブラウン系のアイシャドウを定番にしている40代は少なくないけれど、秋は夏までと比べて、より深みのある色みに惹かれやすい傾向も。

そこで、これまで使っていたアイシャドウよりも、より明るさを控えた渋い発色に手が伸びる人もいらっしゃることと思います。

ところがこの“明るさを感じさせないアイシャドウ”こそ、40代のオバ見えを招きかねない危険なカラー。

やや“くすみ”も入ってくる40代の肌に、明るさのないアイメイクをしてしまうと、沈んだ印象が強まり、生気のない雰囲気すらも醸し出しがち。そしてこの不健康的な印象こそが、オバサンっぽさを招く要因にもなってしまうのです。

「秋らしさ」に気をとられると、つい明るさのないアイシャドウを使いたくもなるけれど、顔を華やかに見せることを考えるなら、沈まない色を選ぶのもポイントです。

 

 

ここに老け見えの落とし穴!40代がオバ化するメイク2:透明感のないチーク

 

 

きちんとしたメイクをしたいときには、チークは、外せないパーツメイクのひとつ。

少々の疲れ顔なら、チークをさっと塗るだけでもフォローできますし、40代にとっては老け見え回避に欠かせない存在でもあります。

しかし健康的なイメージにはなれど、同時に老け見えを招いてしまっている原因が、チークにある場合も。やたら頬の赤みだけが強調されれば、“若作りしているオバサン”っぽさからの老け見えを招くケースもあります。

秋メイクで手に取りがちなしっかりとした発色のチークは、特に気をつけるべきアイテム。透明感がなく、ベタッとした質感に見えるチークほど、やたら主張が強く見えやすく要注意です。

オバサンぽさを回避するには、ほんのりとした血色感がマスト。パウダーより、リキッドやクリームタイプのほうが、透明感ある仕上げは狙いやすいです。

 

ここに老け見えの落とし穴!40代がオバ化するメイク3:毛穴ひとつ見せない完璧ファンデ肌

 

 

気温が下がってくると、肌の仕込みにも気合いが入る女性も増えます。

汗によるメイク崩れが気になりにくく、さらに秋らしいファッションにはきっちりと作り込んだ肌のほうが映える気がするのも確か。

けれど、ここにも40代を老け見せさせる落とし穴が潜んでいます。

毛穴ひとつ感じさせない完璧な肌は、ぱっと見では「キレイ!」なものの、その作り込んだ違和感のせいで強烈な厚化粧感を出しやすいのも現実。

特に昨今は、きっちりと作り込んだ肌よりも、ナチュラルな美肌に見せるベースメイクがリアルトレンドなだけに「お化粧してます感」が強いほどに、オバサンっぽい印象が増しやすいとも言えるのです。

オバ見え回避には、吹き出物や小さなシミなど、隠したい箇所はカバーしつつも、全体的な厚化粧感は払拭すべく、手をかけていてもそうは見せないナチュラル美肌仕上げを心がけてみて。

 

オバサンっぽいイメージの原因が、“いつものメイク”にあるとしたら残念すぎます。秋はメイクにも気合いが入りやすい時期だけに、想定外の老け見えを招かないよう、くれぐれもご注意を。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録