ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

日本三大奇橋のひとつ錦帯橋が凄すぎる / 歩きにくいが良い経験となる

錦帯橋は山口県にある、とても奇妙な形状をした橋。角度が急なアーチ橋で、非常に歩きにくいが、「歩きにくくてスタイリッシュな橋」に経験として行く価値はある。

・錦帯橋は1953年に作られたもの 1674年に完成形となったが、1950年に台風によって崩壊。現在の錦帯橋は1953年に作られたものである。また、かつては武士や承認しか歩行が許されていなかっただけでなく、橋の修復などに使用する税として橋出米が徴収されていた。

・眺めるだけでも非常に壮観 そんな錦帯橋は、いま現在も橋を渡るためにチケットが必要で、大人の場合は310円を支払う必要がある。眺めるだけでも非常に壮観だが、ここまできて渡らないのは非常にもったいない。310円を支払って歩きにくい橋を体験しておくべきだ。

・美味しいグルメを堪能 ちなみに、この周辺では河原でイベントが行われることがあり、美味しいグルメを堪能できることもある。また、周辺には美味し飲食店もあるので、グルメ旅ついでに立ち寄るのも良いだろう。

もっと詳しく読む: 日本三大奇橋のひとつ錦帯橋が凄すぎる / 歩きにくいが良い経験となる(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2019/10/27/kintai-bridge/


/

この記事の著者

Photrip

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録