読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【吉高由里子 ポートランド撮りおろし Vol.3】大人カジュアルな「マンハッタン ポーテージ」 今日は相棒バッグとポタリングへ

このコラムにありがとう

友だち追加 新着記事をお知らせします!

『InRed』2017年11月号掲載「吉高由里子のポートランド旅」関連特集 Vol.3

カジュアルに洒落たヒネリを加え、ここにしかない一品に。素材や使い勝手にも徹底してこだわったアメリカ生まれのバッグは、気の向くまま出かける休日の、とっておきのパートナー。

※バッグのサイズは[H(高さ)×W(幅)×D(マチ)]で、単位はcmです。

 

■Boa Fabric 国産パイルボアを配した新作はこの秋冬、ヘビロテ必至


フラップにふわふわのボアを配した、温かみのあるデザインが秋冬にぴったり。使用したのは高品質で希少性の高い国産パイルボア。ボディのコーデュラ®ナイロン生地も機能性を吟味した素材で、カジュアルながら上質感漂う仕上がり。

メッセンジャーバッグ〈MP1605JRSBOA17〉[H21×W34×D12]¥9,400(マンハッタン ポーテージ/コード)

 

■Studded Collection 輝くメタルのスタッズがエッジィなムードを添える


厚みを抑え、すっきりと仕上げたバックパックはフラップに並ぶスタッズが辛口のアクセント。ほんのりモード感を漂わせつつ、使いやすいシンプルデザインだから、カジュアル服はもちろん、きれいめスタイルのハズしにも活躍。

バックパック〈MP1292STUDS〉[H40×W35×D13.5]¥14,500(マンハッタン ポーテージ/コード)
コート、メガネ(ともにスタイリスト私物)

 

■Tyrol 技ありチロリアンテープが大人に似合う、洒落トート


流行のフォークロアにもリンクする、チロリアンテープを取り入れたシリーズは、モノトーンの色使いが甘さを抑え、洗練された雰囲気。小ぶりのトートは普段使いにちょうどいいサイズ感。ファスナー付きなのもうれしい。

トートバッグ〈MP1305 ZTLN17〉[H25×W37×D13]¥9,200(マンハッタン ポーテージ/コード)
ニットべスト¥11,000(ビームス ボーイ/ビームス ボーイ 原宿) 
パンツ¥16,000(ヌキテパ/アーバンリサーチ 表参道ヒルズ店) 
パンプス¥25,000/オンブル × ロッソ(アーバンリサーチ ロッソ ルミネ有楽町店) 
シャツ(スタイリスト私物)

 

■Miniature Collection 人気モデルのミニ版は心をつかまれる可愛さ!


マンハッタン ポーテージを代表するモデルをきゅっとミニマライズしたシリーズは、おなじみのデザインがとびきり新鮮にアップデート。小さくても素材や機能、各種仕様はそのままの美しいつくり。アクセサリー感覚で使いこなしたい。

バックパック〈MP7210〉[H28×W20×D9]¥8,000(マンハッタン ポーテージ/コード) 
ワンピース¥32,000(アクアガール/アクアガール丸の内) 
ニット(スタイリスト私物)

 

ミニチュアシリーズは全5型。ホワイト、ダークネイビー、ブラックの3色展開。ショルダーバッグとトートバッグは、ストラップを外してバッグインバッグとしても使えるすぐれもの。

左から、
ショルダーバッグ〈MP7020〉[H11×W19×D6]¥3,500、ブランドのアイコン的存在がフェミニンに進化。
メッセンジャーバッグ〈MP7604〉[H16×W22.5×D11]¥6,000、フラップ付きはよりカジュアルな雰囲気。
バックパック〈MP7219〉[H27×W21.5×D12]¥8,500《Online Store限定》、肩かけしてもチャーミング。
トートバッグ〈MP7305Z〉[H17.5×W25×D12]¥6,500
(すべてマンハッタン ポーテージ/コード)

【SNS】
<Instagram>@mp_japan
<Facebook>Manhattan Portage Japan
<YouTube>youtube.com/ManhattanPortageTokyoJapan

【STORE】
Manhattan Portage TOKYO TEL:03-6419-0025

【ONLINE STORE】
www.manhattanportage.co.jp/product/search.html

【INFORMATION】
コード TEL:03-3746-0528 www.manhattanportage.co.jp

Model=Yuriko Yoshitaka
Photographs=YUJI TAKEUCHI<BALLPARK> (model), Maya Kajita<STUDIO e7> (goods)
Styling=Keiko Miyazawa<WHITNEY>
Hair & Make-up=RYO
Coordinate=Red Gillen, Lisa Driscoll
Text=Taemi Suemoto, Fairground

※画像の無断転載はご遠慮ください

『InRed』最新号のお知らせ


関連記事


情報提供元:宝島オンライン

友だち追加 新着記事をお知らせします!

更新日:2017年10月10日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録