アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

「じゅくじゅく」ではありません!「熟熟」の読み方、知っていますか?

 

日常生活に馴染みのある漢字であっても、送り仮名がついたり、その表現によって、全く違う読み方になることがあります。漢字1文字なら読めるのに、2つ並んだだけで普段と読み方が変わってしまうこともあります。

そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します。

本記事でご紹介する「熟熟」。「熟」の1文字だけなら「じゅく」と読むことができ、馴染みがあることでしょう。でも「熟」が2つ並ぶだけで、その読み方はガラリと変わってしまいます。

「熟熟」と書かれたとき「え、じゅくじゅくじゃないの?」と思ったのではないでしょうか。しかし「熟熟」を「じゅくじゅく」と読むのは間違いです。でも「熟」の「じゅく」以外の読み方はなかなか思い浮かばないですよね。

熟の読みには

  • 音読み:ジュク
  • 訓読み:うれる

があります。また表用外の読み方には

うむ・にる・にえる・なれる・つらつら・〇〇〇〇・こなす・こなれる

引用元:熟|漢字一字|漢字ペディア

が挙げられます。

正解は表用外の読み方の中の1つで、「熟」1文字でも「熟熟」でも「〇〇〇〇」と読むことができます。

意味は、

① 深く考えたり、痛切に感じたりするさま。よくよく。
② 注意してものを見るさま。また、物事に熱心に集中するさま。じっと。
③ なすこともなく物さびしげなさま。

引用元:三省堂 大辞林第三版

です。例文には「〇〇〇〇と考えてみる」「〇〇〇〇と写真を見る」などが挙げられます。

正解はこちら!

「つくづく」です。

「熟」という漢字の成り立ちそのものが、その様を表しています。

「熟」の上半分は「孰(ジュク)」という音があり、これだけで「煮る」という意味があります。そして下半分の「灬(れっか)」という部首は火を表しています。煮るためには火が必要ですが、煮るを意味する「孰(ジュク)」の下に火を表す部首を添えることで、よりいっそう煮えることを表しています。

「熟」という漢字そのものに、深く考えたり、物事にじっと集中する様子を表す「熟熟」が表されているんですね!

参考文献:【漢字トリビア】「熟」の成り立ち物語


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録