アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

男性がギョッとする!白髪よりこっちが気になる「恐怖のオバ髪」6パターン

目次

40代の髪は、若い頃とは手入れやヘアアレンジの作法が違ってきます。

これまで通りにちゃんとケアしている「つもり」のアナタ、もしかすると恐怖のオバ髪になっているかも!?

今回は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきさんの記事より、

「ぶっちゃけ、白髪よりコッチが気になる……!」「コレにはギョッとした!」と男性たちが口にした、40代女性の髪にまつわる特徴を紹介します。

 

■地髪編

1:顔まわりに出てない?「かたそうなモワっとした毛」

年齢とともに、一部の髪に“うねり”やパサつきが出て、顔まわりに残念な毛がごちゃごちゃしてしまうと、男ウケは最悪になることも。

「加齢のせいだから仕方ない」とも言えますが、ハードなワックスなどでしっかりフォローしておくほうが、清潔感も出るのは間違いありません。

 

2:まったくうるおいのない「パサパサ毛先」

毛先も、加齢とともに、乾燥が加速したように感じやすいパーツ。

スタイリング直後には整っていても、時間の経過とともにパサつきが目立ちやすい人もいます。

お心当たりがあった場合には、全体に同じスタイリング剤を用いるのではなく、毛先のみ重めのスタイリング剤で補うなどすると、残念な印象を回避しやすくなるコツに。

 

3:自分では気づかない「かたそうなアホ毛の出た後ろ姿」

後ろ姿って、自分ではマジマジと見る機会が少ないかもですが、だからこそ、そこにゴワゴワした毛が何本も綿あめみたいに絡まっていたり、剛毛みたいなのが飛び出していると、すごく残念な感じ。一方で、他人からは目につきやすい面も否めません。

改めて、スタイリング完成後には、きちんとバックスタイルも確認しておきたいのにくわえ、強風の日などには予想外に髪が散らかっていないかを、きちんとチェックしておくのがよさそうです。

出典>>>白髪より気になる…男が密かに「ナシ」認定している40代女性の残念ヘア3選

 

■ヘアアレンジ編

4:ぺったり頭頂部が目立つ!「オールバック」

前髪ポンパドールなどのオールバックスタイルは、すっきりとした輪郭が際立ちやすい反面、ボリューム不足だと、薄毛感が際立つのも事実。おでこが広く見える分、髪が薄くなっているようにも見えやすい面もあります。

薄毛な印象は、即座に老け見えの要素になるだけに、前髪をアップに留める際には、ボリュームにご注意を。

 

5:「おくれ毛アレンジ」は絶対やめて

後れ毛をわざと多めに出したり、ふわっとした雰囲気を出したりするスタイルは、ここ数年はアレンジの定番。

ところが40代の貫禄(?)のせいなのか、生活感や“やつれ感に”しか見えない男性もいるのが実情なのです。

実際に疲れているときほどこの手のヘアスタイルは、やつれた雰囲気を加速させやすいのも傾向。体調によって、使い分けたいところです。

 

6:カチューシャはどう使っても「痛い」です

カチューシャは、時間がないときにも、“それなり”のアレンジがきく便利なアイテム。

……ではあるものの、40代ともなるとデザインによっては“子供の借り物感”が出てしまうこともある模様。確かに、華やかすぎるものやキュートなモチーフのデザインは、街中だとトゥーマッチに見えがちなのも否めません。

デートの日に使うならば、シンプルなデザインにとどめておくほうが賢いのかも。

出典>>>「うわ、その髪型やめて!」男性が心底ギョッとした40代女性のヘアアレンジ3例

 

年齢とともに女性が気になりだすのは「白髪」が代表格ながら、それ以外のポイントで予想外の“減点”を男性たちからくだされているケースもあるわけです。

女性目線だと「あるある」「わかる、わかる」であっても、異性の目はときにシビア。

恋愛市場で勝負をかけたい女性ほど、気をつけておくに越したことはなさそうです!


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録