アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

眉はこの3ヵ所が大事!「もしや老化?」と感じたら見直したい眉メイクのポイント

目次

今までと同じようにメイクをしているのに「なんだかグッと老けた気がする」「そろそろ年齢の波には勝てないのかも?」などなど、鏡に映る自分の顔を見て「あれー?」と感じるのも、40代にはありがちな展開。

特別に疲れることがあったわけではなくとも「そういえば、劣化した」となれば、スキンケアやメイクをするのすら億劫に感じてしまうことも……。

「年齢の波には、やっぱり勝てない?」と、なかば諦めモードに突入しかけていた40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

「老化?」と感じても、私たちはメイクでまだまだなんとかできる世代。

そこで、鏡に映った顔に年齢を感じたら試したい、メイクの見直しポイントをお話します。

 

40代の顔はまだまだイケる!年齢を感じたら見直したいメイクポイント1:ベースメイクのひと手間

ここ数年は、ずっとナチュラル仕上げの肌がブームな背景もあって「ベースメイクには、手をかけない」「下地にファンデーションを塗ってパウダーを塗るだけ」といった手軽なメイクを好む40代女性も少なくないのが実態。

しかしただ“ファンデーション類を塗るだけ”のベーシックなメイクで「老けた?」と感じるのであれば、コンシーラーやハイライト、ローライトなどの“ひと手間”を加えるべきタイミングかもしれません。

のっぺりした印象や、どことなくたるみやしぼみが目立つときには、これらのひと手間を加えるだけで立体感や躍動感が加わり、見た目にフレッシュな肌に蘇る可能性も大。

クマやニキビ跡を隠すだけでなく、Tゾーンや鼻筋にはハイライト、頬骨付近や髪の生え際、顎にはローライトといった具合に、光を味方につけるような“凹凸感”を意識したベースメイクを心がけると、健康的でみずみずしい印象を出しやすいです。

 

 

40代の顔はまだまだイケる!年齢を感じたら見直したいメイクポイント2:眉尻と眉頭の位置

眉尻や眉頭の位置によって、顔の印象は大きく変わるもの。

そこで「老けた?」と感じたら、眉を調整して若々しい印象を狙ってみるのも方法です。

一般的に、眉頭はやや内側に寄せたほうが、顔の重心が中央寄りに見え、若々しい印象になると言われます。具体的には、ノーズライン(鼻の両サイドの位置から眉頭に向かって伸ばした線)のあたりに眉頭を持ってくるか、それよりも“ほんの少し”だけ内側に寄せるくらいがベター。

また、眉尻は短すぎるとのっぺりして見えやすく、長すぎると間延びした印象になりやすいことから、小鼻から目の際、眉尻の線を合わせるようにした“黄金比”をベースにしつつ調節してみてください。

 

40代の顔はまだまだイケる!年齢を感じたら見直したいメイクポイント3:眉の高さ

毎日の眉メイクでは、いつも同じ場所に、なんとなくのルーティンで描いている40代女性も多いはず。

しかしこの「なんとなくいつもの位置」こそが、老けて見える元凶である可能性も否めず、眉頭や眉尻などの“横ライン”と同時に見直したいのが、眉の高さ、つまり縦の位置。

眉の太さとも関わるお話ですが、眉の高さを少し変えるだけで、顔の印象が大きく変わる場合も少なくなく「年齢のせいで、のっぺりしたイメージ」「全体的にたるんだ気がする」などのNG印象は、眉の高さを変えるだけでクリアできるかもしれません。

立体感のある印象に近づけたいときには、眉の高さをやや低めにすると、重心が真ん中寄りになり、若見えのコツにも。

 

「年齢のせいで、メイクをしてもやつれ顔」などと、思わずため息をつきたくなることもあるのが、私たち40代。しかしメイクのちょっとしたところを少し変えるだけで、ガッカリな仕上がりを払拭できるかもしれません。よろしければ、ぜひお試しを。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録