アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

歌舞伎の演目「暫」は、「ざん」とは読まない!「暫」の正しい読み方とは?

 

漢字には1つの文字にさまざまな読み方があります。「読み」として正しいものであっても、使う場面によって読み方が変わることもしばしば。

そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します。

「暫」の読み方、知っていますか?

「暫」という漢字は、

音 ザン
訓(表用外)○○○○、しばし

引用元:暫 漢字一字 漢字ペディア

と読みます。

「ざん」という読み方は決して間違いではありませんが、歌舞伎の代表的な演目である「暫」を「ざん」と読んでしまうと、恥ずかしい思いをするかもしれません

以下に紹介する「暫」の意味を読むと、歌舞伎の演目としての読み方が浮かぶかもしれません。

わずかの間。○○○○。

引用元:小学館 デジタル大辞泉

“わずかの間”を示す四文字の読み方、思い浮かびましたか?

正解はこちらです。

「しばらく」です。

「暫(しばらく)」は、「歌舞伎十八番」と呼ばれる人気演目のひとつです。「荒事(あらごと)」※と呼ばれる演出法の代表作でもあります。

※登場人物の超人的な強さを表すために、顔に隈取(くまどり)をしたり、動作や発声で様式的・誇張的な演技をすることを指します。

物語の大筋は決まっています。横暴な公卿(国政を担う立場の人)によって、善人たちが処刑されそうになっているところへ主人公が「しばらく」と声をかけて登場し、彼らを助ける物語です。

参考文献:「暫」株式会社平凡社 百科事典マイペディア

2020年の東京オリンピックが近づくにつれ、外国人観光客が増えつつあります。日本の文化に興味を抱いている人も少なくありません。そんな彼らに日本の伝統芸能「歌舞伎」を教える機会もあるかもしれません。

歌舞伎の人気演目「暫」。ぜひともその読み方を頭に入れておいてください!


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録