ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

どんな風に飾る? 100均クリスマス飾り10選

目次

ダイソーやセリアでは選ぶのが難しいほどかわいいクリスマスアイテムが揃っています。どれを購入するか迷ってしまいますが、おうちで飾ってみたいものを厳選して10個、集めてみました。飾るときのコツなどもあわせてご紹介します。

Img 9855

こんにちは♪キャラ弁・フラワーケーキ講師のよんぴよままです。

季節のインテリア雑貨が年々豊富になる100均!シーズンごとにどんなアイテムが出てくるのか楽しみですね。1年の中でもクリスマスは特にかわいいものがたくさん登場します。気になるアイテムが多くて、どれを選ぶのか難しいくらいです。

今年初登場するものや定番商品もありますが、種類豊富なクリスマス商品の中から、おうちで飾ってみたい気になるクリスマスアイテムを集めてみました。人気の商品はどんどん売り切れてしまうので、早めに探してみてくださいね!

クリスマスボール

Dsc06742

こちらは定番のクリスマスボール。昔からあるクリスマスの飾りですが、昨年あたりからダイソーでグッと種類が増えました。魅力的なカラーやサイズが揃ってすごく素敵なんです。赤系、茶系、青系、緑系、混色とありますが、キラキラやマットな質感も入っているので、これだけ飾っても高見えします。

Img 9868

オーソドックスですが、ツリーの飾りにはぴったり。

Img 9862

ガラス瓶に詰めてもキラキラして見えて素敵です。ドライの枝を差し込んでツリーにする場合、枝を固定する留め素材としても役立ちます。

この他にもリースやスワッグの飾りにしたり、敷物の上に転がして飾りにするだけでも♪いろいろな使い方ができます。

クリスマスフラッグ

Img 9796

こちらもダイソー商品のクリスマス柄のフラッグです。一般的なフラッグのような三角形のものも販売されています。絵柄もかわいいものからクラシックなものまでさまざま。

Img 9801

リボンでつながっているので、バラバラになることもなく、絡まる心配もあまりありません。表面はつるんとした質感ですが、ピカピカではなく落ち着いた雰囲気。色合いもカラフルですが、少しトーンは抑えめで温かみのある大人な色合いです。

Img 9804

「MERRY CHRISTMAS」の裏は「HAPPY HOLIDAYS」となっていて両面使うことができます。片面しか見えない場所でも両面見える場所でも使うことができるのでいいですよね♪

クリスマス柄ウォールステッカー

Img 9807

ここ数年人気が上がっているウォールステッカーもクリスマス柄が登場。こちらはセリアの商品です。絵柄は他にもたくさん種類が揃い、立体的なぷくぷくタイプまで揃っています。

Img 9813

シートから剥がして使う、シールのようなものなので、小さなお子さんでも貼ることができます。張り直しができるので、気軽に試せるのが高ポイント。接着したい場所の汚れをふき取って貼り付けるだけです。

Img 9814

接着力は市販のセロハンテープくらい。紙や塗装が剥がれることがあるので、貼る場所は選ぶ必要があります。こちらは見事に塗装が剥げてしまった食器棚の側面。意外と接着力が強くて失敗しました。張り直しなどしない場合なら、塗装してあるものや紙の上に貼ってもいいかと思いますが、あとで剥がす予定の場合は気を付けてください。

■ウォールステッカーが貼れない場所 ・プリント加工が施されている扉など ・ペンキ塗り、木製品、漆喰など塗装を施している場所やもの ・紙製壁紙、ふすまなど紙製のもの ・障子の和紙などデリケートな素材麺 ・水回りでデコボコのある面 ・土、砂壁などザラザラした面 ・機能性壁紙(汚れ防止など)

Img 9823

扉のガラス面に貼ってみました。これだけでクリスマス気分が一気に上がりました♪このガラスはすりガラスで少しザラザラしているのですが、しっかり貼ることができました。

羊毛オーナメント

Img 9836

寒い季節は、こんな羊毛もこもこアイテムが気になります。温かい雰囲気でかわいいですよね。セリアでは、羊毛のオーナメントが多数販売されています。この丸いオーナメントはもっと大きいものもあり、色もパステルカラーのものまであるのでお気に入りを探してみてください。

Img 9839

このふわふわ感が気に入ったのは我が家の猫ちゃんも。気が付いたら1つ持っていかれて行方不明……。猫ちゃんがいるお宅で、は届かない場所に飾ることをオススメします。

Img 9905

ツリーに飾っても映えます。ここなら猫ちゃんの魔の手からも守られ安心。クリスマスボールのようにリースやスワッグの飾りとして、ワンポイントにカバンやドアノブに下げたり、ラッピングのデコ素材として活用しても良さそうです。

ニットソックス&グローブオーナメント

Img 9841

羊毛のオーナメントに続き、ふわふわな温かい雰囲気のニットのオーナメント。ミニチュアサイズでとってもかわいいです。色は白に赤いステッチのこちらと、ブラウンに赤いステッチのものがあります。羊毛のオーナメントと同じく、セリアで販売されています。

Img 9840

グローブの他にソックスもあります。こちらも色は同じく2色。赤いポンポンが付いているのも同じです。

Img 9844

優しい雰囲気で、このまま飾っても、オーナメントとしてツリーやリースに飾っても♪

ニットサンタ&スノーマンオーナメント

Img 9847

こちらもセリア商品のニットのオーナメント。サンタとスノーマンがあります。ちょっと横を向いていて顔が見えませんが……。

Img 9851

正面を向くと、かわいい顔が。100均商品でたまに顔がイマイチなサンタさんやスノーマンを見つけますが(苦笑)、こちらのスノーマンは整った顔でオススメ。黒い帽子に真っ赤なマフラーが良く似合っていますね!帽子の上部分には、紐が付いているので吊り下げることも可能です。

Img 9852

顔~胴体部分は木なのでしっかりしています。

ウッドミニツリー

Img 9833

クリスマスはナチュラルな天然素材のアイテムがたくさんありますが、木製品は特にクリスマスの雰囲気に合っています。こちらのウッドミニツリーもかわいくてオススメなセリア商品で、赤の他に白もあります。木の先にある穴は小さなオーナメントを付けるためのもの。小ぶりなツリーなので、かなり小さなオーナメントになると思いますが、ビーズなどを下げてもかわいいですね。

Img 9890

同じ木製品のスノーマンとの相性は抜群。ちょっとした空きスペースでも置けるサイズですが、明るい赤色なので存在感はあります。

クリスマスオーナメントキラキラスノー

Img 9791

実は雪の結晶が昔から大好きなのですが、まさにツボ!といった形のオーナメントをダイソーで発見。白く整った形はノーブルな美しさ。

Img 9917

けっこう大きめで手のひらサイズ。写真よりももっとキラキラしていて、触るとかなりラメが落ちて散らかるのが難点。

Img 9920

3個入りで、銀色のひも付き。1か所穴が開いているので、紐を通して使えるのがとても便利!

フローズンリース

Img 9785

ツルツル素材のモミの造花など、100均ではたくさん扱っていますが、ちょっと安っぽいのが残念。そんな中で見つけたこのフローズンリースはダイソー商品。小ぶりですがとっても素敵な雰囲気でオススメです。子どもっぽい飾りではなく、もっとおしゃれな落ち着いたクリスマスの飾りつけをしたい方はナチュラルな色合いや質感のあるものを選ぶと失敗しません。白い雪が降り積もったようなきれいな色がステキなので、このままシンプルに飾っても、何か他の素材と組み合わせてもいいですよね。

Img 9790

ダイソーではナチュラルなモチーフ素材が豊富。クリスマスクラフトで活用したいゴールドに着色してある素材が増えています。

Img 9921

バランスを見ながらグルーガンで付けていきます。

Img 9962

下の雪の結晶だけ紐で吊り下げていますが、あとはグルーガンで接着しただけなので、作業時間は10~15分程度。半透明のスターや雪の結晶は何年も前にダイソーで購入したもので、現在は販売されていませんが、ツリーに飾ったり、カフェカーテンの裾につけたり、今でも使いまわしています。雰囲気がぴったりなので入れましたが、なくても大丈夫です。

クリスマス柄ペーパーナプキン

Img 9824

クリスマス柄のペーパーナプキンも多数販売されています。こちらはセリアで購入しました。広げると4枚の絵がつながっている柄になっています。1袋に10枚入りと、100均のペーパーナプキンとしては割高ですが、絵柄がステキなのでインテリアとして活用してみましょう♪

Img 9832

一緒に使うのはフォトフレーム。こちらもセリアで購入しました。フォトフレームはサイズや形、色や質感もとても豊富に揃っているので、飾る場所や絵に合わせて選ぶことができるのがいいですよね。

Img 9870

ペーパーナプキンを入れてみました。このまま壁に飾ってあるだけでサマになります。合わせるフレームでかなり雰囲気は変わるのでお好みで、組み合わせてみてください。

Img 9913

もちろん直置きもできます。他のクリスマスの飾りと一緒に並べると雰囲気も一気にクリスマスに!

まとめ

Img 9885

100円とは思えないくらい、かわいいクリスマス商品がダイソーやセリアでは揃っています。それぞれの魅力や使い方はさまざまですが、好みや飾る場所に合わせて選んでみてください。どれにするか迷ったら、色を決めたり、素材を合わせたりするとまとまりがでるのでオススメ。

家全体を飾るのは大変なので、何か所か決まった場所だけにすると、無理なくデコレーションを楽しめます。我が家はみんなが集まるリビングのサイドボードの一部と玄関の2か所に限定して、季節のインテリアを模様替えするようにしています。

今年は赤白多めに、緑はいつもより少し少な目。黒を引き締め効果に選んで飾りました。何年も使いまわす定番の飾りに、今年新調したアイテムを取り入れて雰囲気を少しずつ変えています。こちらの写真のクリスマスの飾りは、ツリー本体は昔ニトリで購入したものですが、他のものはほぼすべて100均アイテム(フォトフレームの後ろのBoxに使っているリボンだけコストコ商品)です。

季節ものなので、売り切れたら再入荷しないことが多いので、欲しい商品を見つけたら、早めに購入するようにしてくださいね。


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録