アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】シムス位は妊娠中におすすめ? 妊婦にシムス位がおすすめの理由

目次

お腹が大きくなっていく過程では、体を休めるときや寝るときに楽な姿勢が普段とは違ってくることがあります。そこで楽な寝姿勢として世界中で知られるという「シムス位」について調べてみました。

この記事の執筆・監修ドクター 松峯美貴先生 医学博士、東峯婦人クリニック副院長、産前産後ケアセンター東峯サライ副所長(ともに東京都江東区)妊娠・出産など女性ならではのライフイベントを素敵にこなしながら、社会の一員として悠々と活躍する女性のお手伝いをします!どんな悩みも気軽に聞ける、身近な外来をめざしています。 http://www.toho-clinic.or.jp/

シムス位とは

妊婦さんの楽な寝姿勢としてよくあげられるのがシムス位です。

実際には、どのような姿勢で寝るのが楽かは人によって違いますから、寝返りが打ちづらい妊娠中に比較的、楽な寝姿勢のひとつとして覚えておくといいかもしれません。

補助的に足の間に「抱き枕」などクッションになるものを入れるとより快適になる人もいます。 ぜひ、さまざまなパターンで試してみて、自分の楽な姿勢をいくつか見つけておきましょう。

「シムス位」のとり方

体の左側を下にして横を向く姿勢(左側臥位/ひだりそくがい)で横向きに寝る

少しうつ伏せ気味になり、下の左足を楽な位置へ伸ばす

③ 上の右足は付け根から曲げて、クッションなどを使って左足より前に出す ※抱き枕を利用するときは枕に抱きつくように寝て、右足を抱き枕の上にのせるなどして浮かすのもOK(図の左側)

④ 右手は前に出して曲げ、楽な位置に

⑤ 左手は体の後ろで伸ばすなど楽な位置に

シムス位が妊婦にいい理由

シムス位は次のような理由から支持されることが多いようです。

安心感がある

Getty logo

シムス位をとってみると、まるでお腹を守っているようなポーズになりますから、ママにとってはお腹が無防備な仰向けなどと比べると安心感があるといわれます。

仰臥位低血圧症候群の予防になる

840034514

Getty logo

お腹が大きくなってきてから仰向け(仰臥位)に寝ると脊柱の右側を通っている下大静脈を圧迫し、静脈の血流が悪くなって、低血圧を引き起こすことがあり、これを「仰臥位低血圧症候群(ぎょうがいていけつあつしょうこうぐん)」といいます。左側臥位で寝るシムス位はこの予防になります。

お腹の重さを感じにくい

626100140

Getty logo

敷布団にお腹をあずけるようにしてとるシムス位はお腹の重さを感じにくく、足もリラックスしやすい体位です。

妊娠後期には、お腹が大きくなったことや子宮の収縮・胎動による違和感などから眠りが浅くなるなど睡眠障害を起こす人もいます。快眠のためにも楽な寝姿勢を工夫しましょう。

特におすすめの時期

おすすめは、お腹の重みが増す妊娠後期や寝苦しさの増す夏期です。妊娠している女性の体温は高いので、暑くて寝苦しい日もあるでしょう。体の背面が涼しいシムス位は比較的、快適です。

もっと楽に寝るためのワンポイント

なるべく体が沈みすぎない硬さのマットレスを選ぶと、自然な安定感が増します。

まとめ

楽だと感じる寝姿勢は人によってまちまちです。気持ちよく目覚めたら仰向けだったという場合もあるかもしれませんが、熟睡できたなら問題はなく、妊娠後期の寝返りが打ちづらい時期であっても、睡眠中、体は楽な姿勢を探して動くのは自然なことです。 シムス位は楽な寝姿勢のひとつとして試し、自分がより快適なようにアレンジなどもして、どうぞぐっすり、健やかにお休みください。

(文・構成:下平貴子、監修:松峯美貴先生)

※画像はイメージです


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録