アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

間違っている人が多い!中華の取り皿、手に持っていい?【オトナの常識#31】

目次

正式な中華料理では平皿、深皿、小皿など取り皿がセットされます。取り皿は、手に持って食べるのがエレガント? それともマナー違反?

問題 中華料理の取り皿は手に持って食べたほうがいい?

A手に持つのが正式
B.手に持つのはマナー違反
C.大きな皿はNG、小皿はOK

正解 B.取り皿は手に持たず、テーブルに置いたままで

正式な中華料理では取り皿(平皿、深皿、小皿)、れんげ、箸などがセットされます。
手に持っていいのは、基本的にれんげ、箸、湯飲みだけ。それ以外は持ちません。

大皿から料理をとったら、取り皿はテーブルに置いたまま食べましょう。

小籠包など、スープがこぼれにくいものは箸で取り皿からとり、左手に持ったれんげにのせて食べます。春巻きなど、皮やタレが落ちやすいものは左手にレンゲを持つか、紙ナプキンを左手の上において食べるといいでしょう。

小さなスープの器も手に持たず、れんげですくって食べます。

食べにくい料理を美しくいただくコツ

●汁麺
箸で麺をつまみ左手で持ったれんげで軽く受けてから、箸で麺を口に運びます。器は小さくても手に持たず、また器に口をつけて汁は飲まないように。

●まんじゅう
手で割り、一口で食べられる大きさにちぎって食べます。そのままかぶりつくのは見苦しいのでやめましょう。

●北京ダック
パピオン(クレープ状の包餅)を取り皿に広げ、たれを薄く塗り、鴨の皮とねぎなどをのせます。手前に折り曲げて左わきをたたみ、クルっと巻いて棒状にします。折り曲げたほうを下にして、手で持って食べます。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録