アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【40代編集長の婚活記#177】ドキドキ! 男性の「お願いがある」の真意とは?

目次

40代の婚活は、20~30代のそれより過酷な道のり。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は婚活歴が3年以上になるが、相変わらずゴールが見えない。

やっと恋人ができたと思っても交際3カ月でフラれ、知人に男性を紹介されてもなかなかうまくいかずフェードアウト。それから数カ月、知人のヘアメイクさんに突然、婚活のことを尋ねられ……。この物語は40代独女の「実名 顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

「僕とデートしない?」なんてね

ジェントルさんと別れて半年、ゲームさんとフェードアウトしてから4カ月が過ぎたころだった。久しぶりに会った知人のヘアメイクさん(独身男性)に突然、言われた。

ヘアメイク「前なんか、デートしてる人いるって言ってたじゃない。あれ、どうしたの?」

アサミ「別れましたよ、半年くらい前に」

ヘアメイク「じゃ、いま恋人募集中?」

アサミ「はい、そうです」

ヘアメイク「へぇー。そうなんだ。じゃ、僕のお願い聞いてくれる?」

お願いって何? いつになく、目をキラキラさせている彼。まさか「僕とデートしない?」なんて言ってきたりして? 彼に恋人がいるかどうか聞いたことはないけど……。

さすがにそれはないか。どんだけ自意識過剰だよ、私(苦笑)。

 

ちょっとだけ期待……

まさかとは思うけれど、ちょっとだけドキドキしたりして。ヘアメイクの彼とは、知り合って5年くらい。いままで仕事でしか会ったことはない。

確か、独身だったと思う。恋人がいるかどうかは聞いたことないけれど……。

「灯台下暗し」という言葉がある。

もしかしたら、ずっと前から知っている人の中に、実は一緒にいて心地いい相手がいたりするのかもしれないのよね。

な~んて、妄想している場合じゃないわ。続きを聞かなきゃ!

彼の「お願いごと」は何?

書籍『40代ご無沙汰女子のざんねんな婚活』は、アサミの婚活初期から約2年までをまとめたもの。好評発売中です!

アサミ「お願いごとって、何でしょうか?」

彼が私にお願いだなんて、特に思い当たる節がない。

ヘアメイク「あのね、アサミちゃんに紹介したい男性がいるんだけど」

おー、そう来た! なるほど! そういうお願いだとは思わなかった。

ヘアメイク「会ってみるの、アリ?」

アサミ「ありがとうございます。もちろん、光栄です!」

ゲームさんとフェードアウトしてから4カ月、誰ともデートしていない。というか、婚活自体をちょっと休んでいた。

 

紹介のお相手はどんな人?

デートのお相手をご紹介いただくなんて、とてもありがたいお話。

ヘアメイク「あらホント? じゃ、セッティングしていい?」

アサミ「はい。ちなみにどんな方なんですか?」

ヘアメイク「僕の10年来のお友達。いいヤツなんだけどずっと独身なのよ。もともと会社員だったけど5年くらい前に独立して起業したの。年齢は50歳くらいかな」

アサミ「そのかた、ずっとバツなしなんですか?」

ヘアメイク「うん。長く付き合ってて結婚を考えた彼女もいたみたいなんだけどね」

50歳の起業家で、未婚独身の男性か。ここのところバツイチ男性に会うことが多かったから、未婚独身は久しぶりだわ。

 

相手は未婚独身の50歳、起業家

アサミ「でも大丈夫ですか? 私で」

ちょっと心配になった。ヘアメイクさんは交友関係が広い、華やかな人。そのお友達だし、起業家のかただし、とても華やかな人なのかなぁと。

ヘアメイク「大丈夫よ。実はちょっと前にアサミちゃんの婚活記の記事を教えたの。面白いから読んでみてって」

アサミ「ありがとうございます」

ヘアメイク「そしたら彼ね、わりとアサミちゃんに興味持ったみたいなんだよね」

アサミ「あら、そうなんですか! うれしいです」

お相手は私に興味を持ってくれている……それはありがたい。

ヘアメイク「じゃ、いま彼に連絡取るね」

日程がサクサク決まっていく

その場でいきなり、紹介したい相手にメッセージを送ったヘアメイクさん。すると、ほどなくして返信がきたようだった。

ヘアメイク「彼、来週の木曜か金曜の夜だったら大丈夫だって言うんだけど、どう?」

さっそく自分のスケジュールをチェックする。

アサミ「木曜は大丈夫です!」

ヘアメイク「じゃ、決まりね」

どういう人だかわからないけど、サクサク決まるなぁ……。いちおう、お相手のこともうちょっと聞いておこうか。

アサミ「ちなみに、ヘアメイクさんとお相手さんとは、どういうおつながりなんですか?」

 

もう少し知っておきたい事前情報

いくら知人であるヘアメイクさんのお友達だとしても、少しは事前情報を得ておきたい。いまわかっているのは、50歳の起業家、独身ってことだけ。もうちょっと知っておくことで、当日、会話に困らないようにしたいからだ。

ヘアメイク「うーんとね、僕と彼はジムつながり」

アサミ「通ってらっしゃるジムがご一緒なんですか」

ヘアメイク「そうそう。鍛えてるからかなりイイ体してるよ」

目を輝かせながら言ってきた。そういえば、ヘアメイクさんはだいぶ筋肉こだわり系の人だった。

アサミ「そうなんですか」

 

筋肉を鍛えている「ジムさん」

ヘアメイクさんが紹介してくれる起業家は、ジム通いの筋肉男子。じゃ、仮にジムさんってことにしよう。

私自身は、正直、あまり筋肉には興味がない。自分自身も筋肉ないし(苦笑)。筋肉男子って食事とかにストイックなイメージあるけど、ジムさんもそうなのかなぁ。

ヘアメイク「お店どこにしようかな」

アサミ「プロテインしかない店じゃなければ、どちらでも(笑)」

ヘアメイク「彼に予約させるとそうなる可能性あるかも(笑)。大丈夫、僕が決めるから」

アサミ「はい。ありがとうございます」

あまりの急展開にちょっと戸惑いもあったが、ひとまずはその状況に身をゆだねることにした。

し、仕上がってる!

約束の木曜日。ジムさんを紹介してくれる食事会の場所は、奥渋谷のイタリアン。待ち合わせ時間の少し前に着いたけれど、お二人はもう到着していた。

ヘアメイク「アサミちゃん、こっちこっち~!」

私に気づいて手を振るヘアメイクさん。その向かいに、紹介されるジムさんらしき男性が座っていた。ピッタリした黒いTシャツを着ている。

遠目の後ろ姿だけでも、筋肉のこんもり感というかパンプアップ感がわかる。めっちゃ仕上がってる……なんだかすごい筋肉に、圧倒された気がした。

 

【前回はコチラ】

【40代編集長の婚活記#176】結婚できない40女が「やめる」と決めたこと

【続きは2020年1月1日(水)17時公開。新年早々をお楽しみに!】

 

40代編集長の婚活記177


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録