ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

「僕、本気です!」年下男子の「脈アリ」サインの見分け方

目次

年の差婚が当たり前になりつつありますが、職場に限ってはなかなかそうはいきませんよね。コンプラ社会ゆえに、後輩にアプローチしただけでパワハラだと思われてしまうリスクなど、あらゆる点から年上女性からのアプローチが難しい現状にあります。

そこで今回は、不幸な出来事を回避するために、慎重に脈アリかどうかを探っていく方法をご紹介します。

 

①自分にしかない差し入れ

「男って単純ですから、好きな女性にはちょっとでも良い印象を残すために、そりゃ必死ですよ(笑)漫画やドラマでもありがちなシチュエーションだと思いますけれど、“自分にしかない差し入れ”はよっぽど親しい間柄でもない限り、脈ありサインの可能性が高いと思います。例えば、『残業お疲れ〜』なんてコーヒー一杯渡すのでも、好きな女性でないと興味がないからしません」(35歳/男性)

コーヒー程度だとあまり気にしない女性は多いですよね……。他の人には出していないなら、気を引きたくて必死だったのかもしれません。

②軽い誘いに食いつく

「世の中の大半がお世辞でできてるってことはわかっています。特に『今度飲みにいきたいですね』なんて、社会人になったら鉄板で、『お世辞です』っていう暗黙のルールがあるくらいの誘い文句ですよね。でも、好きな人からのお誘いならチャンスだから、社交辞令だろうが気にしない(笑)例え強引でも、その場で『あ、いつ空いてます?』って無理やり日程を決めます。チャンスは逃しません!」(28歳/男性)

こっちが引いてしまうくらいの必死さが伝わってきたら本気の可能性が高そうです。明らかなお世辞でも食いつくようなので、そういう場面に遭遇したらわかりやすそうですよね。あえて誘ってみるのもアリかも……。

 

③自分に教えを請いに来る

「もちろん、教えてもらいやすい雰囲気の人っていうのはいるので、そういう人を狙ってしまうことはあるんですけれど……。ただ、多少忙しそうでも隙を狙って一人の女性に執着するなら、よっぽど好きなんだと思います。恋愛感情の可能性は高いんじゃないですかね。僕なら、『〇〇さんのおかげでできました!』とか言っちゃいます。モチベにつながりますしね。そして、職場ではありますが、彼女の母性にも癒されます……」(35歳・男性)

男性はわかりやすいと言いますが、一人の女性に対して露骨に執着心を見せていたら可能性が高いと見て良さそうですね。相手の反応を見つつ、少しずつ距離を縮めていきたいところです。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録