アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

「くく」じゃない。「区区」って何て読むの? 読めそうで読めない副詞3つ

目次

同じ言葉を似回繰り返すことで、より強い意味を表現する畳語(じょうご)。今日は、普段よく使っている畳語を漢字にしてみたものを3つ紹介します。あなたは3問中何問読めるでしょうか。挑戦してみてください!

 

1・「区区」の読みは?

「くく」? 残念! そうではありません。ヒントを読んで、読み方を当ててみましょう!

「区区」の意味は次の通り。

  • それぞれ異なること。別々。

例えば「皆の言うことが区区だ」「区区な服装をしている」など。

分かりましたか?

正解は……

さきほどの例文で言うと……

  • 皆の言うことが区区(まちまち)だ。
  • 区区(まちまち)な服装をしている。

と読みます。

「区」は、細かく仕切る、区切ることを表す漢字。細かく区切られた部分もそう呼びます。重ねることでバラツキ感を表しています。

 

2・「間間」の読みは?

「かんかん」でいいのかな。どんな意味なのかしら。ヒントを読んで、読み方を当ててみましょう!

「間間」の意味は次の通り。

  • 折々。時々。

例えば「そういうことは間間ある」

もう分かりましたね?

正解は……

さきほどの例文で言うと……

  • そういうことは間間(まま)ある。

と読みます。

「間」には色々な意味がありますが、すきま、開き、などの意味を重ねることで「時々」の意味になります。

 

3・「綿綿」の読みは?

「綿綿」は何と読むのでしょう。「わたわた」? ここまで読んだあなたなら、漢字のイメージから想像して読めるはず!ヒントを読んで、読み方を当ててみましょう!

「綿綿」の意味は次の通り。

  • 長く続いて絶えない様子。

例えば「思いを綿綿とつづる」

もう分かってしまいましたね。

正解は……

さきほどの例文で言うと……

  • 思いを綿綿(めんめん)とつづる。

と読みます。

「綿」には「つらなる」という意味があります。綿の糸のように、細く長く続く様子、まとわりつく様子から出た意味です。二つ重ねて使うことで、絶えない様子を表すのですね。

どうでしたか? どれも普段使っている単語ですよね? 漢字で書くとこうだったのか!という発見があったと思います。このような畳語は仮名表記することが多いのですが、漢字で書くとこういう字を使うのだと分かっていると、これらの畳語をより深く理解することになると思います。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録