アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【九星フラワー占い】四緑木星の2020年上半期の運勢は?

目次

新しい風が吹いています。しかも驚くべき風速で。
そんなこの世の中で、どのようにすごしたらいいのか、迷った時の指針になればと願い、星のメッセージをまとめています。
2020年は何かしら成果が見えるかもしれません。どうか、あなたらしい花を咲かせてください。

※四緑木星の生まれ年は1960年、1969年、1978年、1987年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

心身ともに軽やかさが戻ってくるのを実感できる

四緑木星の皆さん、もうすぐ 2019年が終わります。

2019年というのは、古い暦では2月3日までなので 、このコラムを読んでいただいてる頃はまだ完全に、2020年が始まっているわけではありません。

ただ ここ最近は、きっと心も身体も軽やかな感じがしているのではないでしょうか。
じつは2019年は、人生の真冬の時期にあたる、そんな星回りでした。

体調が悪かったり、お金が足りなかったり、人間関係に困ったり、そんな思いをした人も多かったのではないでしょうか。

辛い思いもした1年が、もう少しで明けます。

未来へとつながる“種”がひとつ、その手の中に!

そして、その1年のおかげで、人間的に厚みを増して優しくなったあなたが、そこにいます。

この冬の時期には、色々なものを失うというふうにもにいわれていますが、何か一つその手の中に、未来へつながる種が残っているはずです、

例えば、これをやりたいという気持ち、学びたいと思うもの、そして最後まであなたの味方でいてくれた人。

これらは今後10年、あなたのことを次の ステップ、高みへと 導くパスポートでもあります。

さて、冬の時期があけると、今度は春がやってきます。

春だからのんびりと自然に花や食べられる植物が芽吹いて育つ、と思ってはいけません。

芽吹きを迎えるための、その準備期間がよくやく始まるのです。

将来、家族になる男性との出会いも期待できる

春の準備期間には、種を植えるために大地を耕すという作業があります。

具体的に言えば、 仕事の下準備に追われたり、周囲の人からあれこれものを頼まれたりといった忙しい日々がやってくるということです。
細々とした用事は面倒くさくて、気持ちが落ちたり、イライラしたりすることがあるかもしれませんが、これが“ 耕す作業”であり、それがなければ、芽は出てきません。

ですから、ちょっと頑張ってみませんか。

体を使い、頭を使い、さらに気持ちを込めているうちに、かたまっていた体と頭がほぐれ、体調もすっかり良くなります。

そして、人間関係も新しく出来上がってくることでしょう。

この時期知り合った人の中から、もしかしたら 将来に繋がるお付き合いになるという男性も現れるかもしれません。

汗を流さないわけにはいきませんが、どうかこの春の始まりを 大いに 楽しんでください。

バラの花が象徴する四緑木星の魅力とは

5月のさわやかな風に揺れる可憐なバラが四緑木星を象徴しています。バラは姿が美しいだけでなく、いい香りで人の気分を和ませます。清潔感があり、上品でさわやか、そして人を和ませる力が、これが四緑の女性本来の魅力です。人の気持ちを尊重するあまり、優柔不断なところもありますが、風にゆれるように「どうしようかな」と迷う姿がまた男性の心を惑わせていたりします。ピンクのバラの花言葉は、「しとやか、上品」「感謝」「幸福」です。人から感謝され、人に感謝する生き方が幸福であることを四緑木星の人はよく知っていますが、なぜか身内に厳しいという一面も。

※全体の運勢を知りたい人はこちら

(イラスト オオスキトモコ)


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録