アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

【医師監修】異常!? 赤ちゃんの体重が増えない3つの原因

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

赤ちゃんの体重が増えない!ママにとっては心配かと思いますが、原因としては3つほど考えられますので、ぜひチェックしてみましょう。

増えない?増えた?赤ちゃんの適正体重

467912428

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

赤ちゃんが生まれて1週間!入院してから退院までの体重変化

出生直後から退院する約1週間までに赤ちゃんの体重はどう変わるのでしょうか?生後1週間は新生児の体重が増えないのは「生理的体重減少」が原因の一つです。この時期は、母乳やミルクを飲む量より尿・胎便・老廃物・汗など、体外に出ていく量が上回るため、体重減少となることがあります。これは自然現象の1つで、出産直後から生後3~4日まで続き体重の3~10%減りますが、大半は生後1~2週間すると元の体重に戻り、その後は1日30g程度増えます。目安として男児2,100~3,760g、女児2,130~3,670gです。

生後1ヶ月~2ヶ月の体重は?3ヶ月~4ヶ月になると・・・

生後2ヶ月ほど経過すると、おもちゃを目で追い、ゆび握り、おしゃぶり、また一生懸命手足をバタバタ動かしたり活発になります。体力を使うので、赤ちゃんは2~3時間前に飲んだミルクの消化も早くなるのです。また4ヶ月になると首がすわり運動機能や消化機能も発達し体重増加も緩やかになり、身体つきもしっかりしていきます。身長の伸びも落ちついてきます。

目安として、2ヶ月目だと、男児4,410~7,180g、女児4,190~6,670g。4ヶ月目だと、男児5,670~8,720g、女児5,350~8,180gです。

5ヶ月~6ヶ月頃の体重をチェック!7ヶ月~8ヶ月頃の平均体重

生後6ヶ月以降は体重のカーブも緩やかで生後5ヶ月と比べて身長や体重があまり変わらない赤ちゃんもいますが、寝返りがうてるようになることで運動量が増えて1日10〜20g、授短時間のお座り、ハイハイが出来たり乳やミルクから離乳食に移行したりと変化の多い時期です。また8ヶ月には赤ちゃんの体型の個人差や男女差も出て来ます。お座りも安定し両手が使え、つかまり立ちや伝い歩行も可能となり運動量は更に増えます。

目安として6ヶ月目では、男児6,440〜9,570g、女児6,060〜9,050g、8ヶ月目では、男児6,960〜11,040g、女児6,530〜9,630gです。

9ヶ月から1歳前後の赤ちゃんは何キロ?

9〜10ヶ月には後追いが激しくなり、前歯下2本が出てきて咀嚼の成長にも繋がります。また1歳には乳歯は普通前の上下2本づつが揃い、発達した咀嚼によりこの時期では離乳食から1日の総カロリーの約80%を摂ります。0〜1歳児までの体重は約3倍と人が成長する中で最も成長が早い時期です。

目安として、男児7,680〜11,040g、女児7,160〜10,480gです。

赤ちゃんの体重が増えない3大原因

500043174

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

体重が増えないのは栄養不足?

産後すぐに授乳を始めるママもいらっしゃるでしょう、このとき、お母さん方も母乳は出ているか、きちんと飲めているかなどを心配される人も多いかと思います。新生児は3~4日後まで一時的に体重が減る「生理的体重減少」があり、その後2週間で元に戻りますが、これは赤ちゃんが飲む量に対して、おしっこやうんち、汗など出て行く量が多いからとされています。

さらに母乳育児の場合は赤ちゃんが母乳を吸うのに慣れていないこと、ママの母乳量が安定していないこともあります。目安としては新生児は1日30gですがそれ以下でも機嫌が良い、うんちやおしっこも出ていれば気にする必要はありません。しかし、1週間で体重増加が70g以下の場合は、母乳外来などでお乳や母乳量などのチェックが必要です。

体重が増えない赤ちゃんはよく動くせい!

赤ちゃんの動きでも体重に影響を及ぼします。体の動きが比較的激しい赤ちゃんは消費カロリーが多く、たくさん授乳しても体重はあまり増えない傾向があります。体を良く動かす赤ちゃんは元気な証拠です。ミルクをきちんと飲んで、なおかつうんち・おしっこが出ていれば、体重が多少増えなくても心配をすることはありません。なお、はっきりとした医学的原因が解明されたわけではありませんが、体質が原因の1つと考えられています。

病気や障害で体重が増えなくなることも・・・

赤ちゃんが普通にミルクや母乳を飲み、きちんと排泄しているのに体重が増えない。このような場合は、何らかの病気が潜んでいることもありますから、注意が必要です。もちろん、重い心臓病や肺疾患の赤ちゃんは体重増加に問題はありますが、正しい診断の元にすでに治療がされているでしょうから、これ以外について触れます。肥厚性幽門狭窄症、クレチン病(先天性甲状腺機能低下症)、ヒルシュスプルング病が代表的ですが、他にも内分泌の異常や腎臓の病気、染色体異常など疑われる病気が考えられます。何かおかしいな、と異常を感じたら早めに小児科の診断を受けてください。

増えない体重の3つの対処法

514269130

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

母乳が足りない時はミルク混合育児を

体重が増えない原因が赤ちゃん側でなく、お母さん側にある場合があります。原因としてはいろいろ考えられますが、中でもまず「母乳の不足」が挙げられます。しかし、母乳が足りていないことでご自分を責めないでくださいね。その気持ちがストレスになり、ますます母乳の出が悪くなります。足りない分は一時的にミルクを足す混合授乳に変えればOK。ですから、ストレスを深く感じる必要はありません。ただし、母乳の回数を減らすとおっぱいの出が悪くなってしまうので、足りない分だけをミルクで補うようにしてください。最初は30~40mlずつ足して様子を見るようにします。ミルクの後で赤ちゃんが足りなくてまだぐずるのか、まだ吐くようであれば飲み過ぎですから少しづつ調整します。

赤ちゃんが吐く時の対策

赤ちゃんは胃の発達が不十分なので、吐きやすいような形で逆流しやすくなっています。そのため母乳・ミルクを飲み過ぎると、口元から流れたり、ゲップと一緒に吐くこともあります。嘔吐物が透明や乳白色で口元から垂れるような吐き方の場合は、母乳やミルク、胃液、よだれですから問題ありません。酸っぱい匂いであれば、胃液と判断できます。しかし嘔吐物の色が緑色の場合は「小腸閉鎖症」などの腸閉塞の可能性があります。さらに、哺乳後決まって5分以内に嘔吐する場合は「幽門狭窄症」の可能性があります。幽門狭窄症は生後3週間くらいより噴水用嘔吐が特徴で、体重増加がわるいのは早めにミルク母乳をやめ、離乳食に頼りすぎと思われます。体重増加がわるい子は授乳を続けたほうが体重が増えます。また、急いで小児科を受診してください。

よく寝るせいで体重が増えない時は起こすべき?

寝る子は育つ。赤ちゃんが良く寝ることは当然ですが、それによって授乳回数が減り、体重増加・成長に影響が出ないかということは心配ではないでしょうか。新生児の頃の授乳回数は「8~12回」、ミルクの場合は赤ちゃんの体重などにより異なりますが「約3時間おきに7〜8回」が目安となっています。それの回数が減ってしまうと、やはり体重減少が心配ですよね。多少授乳回数が少なくても、体重がきちんと増えているようならば問題ありません。しかし、体重が増えない場合は、赤ちゃんが寝ていても1度起こして授乳するのも良いでしょう。

まとめ

赤ちゃんの体重の増え方は、必ずしも規則的ではありません。成長には個人差がありますので、かかりつけ医と連携するなど、常に相談・確認できる体制を整えておくことが大切です。不安なことがあれば、迷わず小児科へ行きましょう。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て



0

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録