アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

“京都府産食材×プロの料理”を堪能!「京のおもてなし企画」今年も開催

目次


毎年1月~2月に開催されている、京都の食材を楽しむ「京のおもてなし企画」。京都府産食材×プロの料理のコラボレーションで人気を集めている冬の恒例企画だ。

第12弾目となる今回は、「京のおもてなし-2020・早春-」と題して、2020年1月16日(木)~2月29日(土)の期間、京都府内66店・東京23区内6店の合計72店舗にて開催する。

オリジナルメニューでおもてなし


本企画では、各参加店が京都府産の農林畜水産物や加工品を5品目以上使用したオリジナルメニューでおもてなし。各店こだわりの料理を、こころゆくまで楽しんで。また一部店舗では、SNSへの投稿による特典も用意している。

こだわりの京都府産食材


京都府産食材には、伏見桃山付近で切り花用として栽培されていた寒咲き菜種の蕾を食用にした「花菜」、


約1300年前に栽培が始められたという記録が残っており、白ネギと比べ、葉が柔らかく甘みがあり、香り高い「九条ねぎ」、


京都の三大漬物のひとつ・千枚漬けの原料として使用される「聖護院かぶ」、煮崩れしにくい「えびいも」といった京野菜のほか、脂ののった「京鰆」、京都府産であることを確認できる和牛肉「京都府産和牛肉」、甘味や粘り・つやの強い「丹後こしひかり」や「丹波キヌヒカリ」、日本一のブランド茶である「宇治茶」などがラインナップしている。

旬の食材で季節を感じよう


「京のおもてなし-2020・早春-」の詳細や参加店舗は、公式ホームページをチェック!

京野菜はもちろん、お肉、お魚、お米にもこだわった絶品料理で、一足早い春の始まりを楽しもう。

『「京のおもてなし-2020・早春-」 公式ホームページ』
( http://kenko-kyoyasai.jp/omotenashi/ )


/

この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録