アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

逆にオバ見え!人気の「ざっくりニット」なのに老け見え確定なNGスタイルは?

目次

カジュアルで可愛らしい「ざっくりニット」。コレさえあれば、いかにも冬らしいコーディネートになるので一枚は欲しいところです。でも、ざっくりニットだからこそ招く失敗もあります。そこで今回は、オバちゃん感が出ちゃうざっくりニットのNGコーデをご紹介します。

ブラウンで統一しすぎると危ない

オバ見えの原因のひとつが配色です。

 

とくに今季は1年を通してベージュ・キャメル・ブラウンといったカラーをワントーンで合わせるスタイルが人気。なので、ざっくりニットを取り入れる際も同じようにコーディネートしたくなるのですが、全体をベージュ・ブラウン系で合わせるとオバちゃんのお手製セーターのような古臭さを感じさせかねません。

 

ざっくりニットは古くからあり、手編みの質感が可愛らしいもの。反面、色が地味な場合はとたんに昭和っぽくなるので気をつけましょう。ブラウンや白を使いたい場合は、必ず「さし色」を加えてくださいね。

 

絶対迷うハイウエストワイドパンツ

ざっくりニットのシルエットや厚みにもよるのですが、だいぶ着こなしに迷ってしまうのがハイウエストワイドパンツとの組み合わせ。

 

ざっくりニット自体がそれなりの厚みとボリュームがあるので、そこにハイウエストボトムを持ってくるとフロントインしたって生地がたるむんです。なんか、決まらないなぁと嘆く可能性は大いにありそうです。

 

裾のボリュームを調節しようとボトムに無理にニットをインすると、ワイドパンツの上からニットの肉感がまる見え。結果、下腹部ぽっこりコーデになるという場合も見受けられます。

 

この場合、ハイウエストを選ぶならワイドパンツではなくタイトスカートで適度にスッキリ見えがちょうど良い塩梅です。ワイドパンツで合わせる場合は、ミドルライズを選ぶと合わせやすいかなと思います。

 

オバ見え回避は「色」と「光沢」がポイント

ざっくりニットで洗練された印象を与えたいときは、色の組み合わせと光沢のあるアイテムを取り入れるのが手っ取りばやいですね。色は例えば、鮮やかなコバルトブルーやフューシャピンクといったキレイ色をチョイスすると、なんだかアーバンな雰囲気に。

 

さらに光沢感のあるアイテムで上質さを出すと良いですね。光沢というとキラッキラしているものを想像しますが、そんなパーティ仕様のものでなくてOK。シルクレーヨン素材のプリーツスカートや、メタルアクセなどワンポイントどこかに入っているだけで洗練された印象になるのでぜひお試しアレ。

 


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録