アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

ベビーマッサージの6つの効果がすごい! やり方・時期・資格取得の仕方

目次

ベビーマッサージは人気があり、赤ちゃんが生まれたらぜひやってみたいと思っている人も少なくありません。なぜならベビーマッサージにはたくさんのメリットがあると言われており、しかもベビーマッサージの講師として資格取得しその後活躍することも可能だからです。ここではベビーマッサージのメリットなどについて解説します。

赤ちゃんにどんな効果があるの? ベビーマッサージの影響

482105237

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

赤ちゃんに直接ふれてマッサージをする「ベビーマッサージ」は、ママが赤ちゃんにしてあげるケアのひとつです。スキンシップの方法でもあり、たくさんのメリットがあると言われています。

エステティシャンじゃないママでもできる?

「マッサージ」という言葉だけを聞くと、資格を持った人というイメージを抱きがちです。しかしベビーマッサージは優しく触れるスキンシップであり、自分の子どもに対してママが行うこともできるものです。最近ではベビーマッサージに取り組む親子も増えており、やり方の説明や体験が受けられる講習会が人気を集めています。

ベビーマッサージが赤ちゃんに与えるプラス効果が凄い!

ベビーマッサージに取り組む人が増えているのは、メリットが多数あると言われているからでしょう。 具体的にメリットをあげるならば、 1.直接肌に触れることで触覚に刺激を与え脳の発達を促す 2.皮膚が刺激されて皮脂の分泌が促されるため感染に対する抵抗力のアップ 3.リンパの働きがスムーズになることでの老廃物の排泄アップなどがあります。

その他にも 4.運動能力アップ 5.精神の安定 6.ストレス軽減 など数多くのメリットがベビーマッサージには期待されているのです。

いつからいつまで?ベビーマッサージを始めるタイミング

ベビーマッサージのスタートに厳密な決まりはなく、産院や助産院などによっても、生後すぐ・生後2週間後・生後2~3か月後など施設によってさまざまです。赤ちゃんの成長や体調、ママが「そろそろ取り組んでもイイかな」と思えた頃が始め時でしょう。それに一度ベビーマッサージの方法を習えばその後はいつ行ってもかまいません。例えばお風呂に入るために服を脱がせた時やおむつがえの時などが行いやすいでしょう。

ベビーマッサージのやり方

544348712

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

いろんなメリットがたくさんあると言われるベビーマッサージは、ぜひ取り組みたいと思うママが多いことでしょう。ではベビーマッサージの方法をご紹介しておきます。

用意するものはオイルとタオル?

お風呂上がりの保湿ケアとしてベビーマッサージをするのであれば、オイルを使いましょう。オイルの他にクリームを使ってもかまいませんが、赤ちゃんやママの肌に合うものをつかうことです。赤ちゃんの肌はデリケートなので、オイルやクリームがあわず湿疹などが出ることもあるため、初めは太ももの内側一部に少し塗って24時間後の変化をみるパッチテストを行って、異常がないことを確認してから使いましょう。

赤ちゃんの全身をマッサージする方法

まず胸のマッサージは中央から外へ向けてハート型を描くように優しく2~3回行います。今度は右胸から左肩へかけて2~3回撫で、反対側も同じようにします。そしてお腹はおへそから下へ、手のひらで2~3回撫でてから両てのひらを使って時計回りにくるくるとマッサージしましょう。

それから背中は赤ちゃんを無理の無いようにうつぶせにして、両手の指で中央から肩甲骨へ向けて羽を描くように撫でていきます。2~3回行ってから、両方の手のひらを背中へ乗せてお尻の方へ交互になでます。

気をつけたいこと

マッサージは、赤ちゃんのデリケートな肌に強すぎる刺激にならないよう、優しく行いましょう。それから、体の関節は大人のようにしっかりしていないので、無理に足をまっすぐさせたり強く押さえたりしないようにすることも大切です。また直接肌へ触れることになるので、ママの手にアクセサリーなどの硬くて危険なものを身につけないことに気をつけましょう。

資格を取得してベビーマッサージのプロに!

159021167

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ベビーマッサージに関心のあるママが増えているので、マッサージ教室は人気があります。産後にも役立てつつ、将来的にはプロとして後輩ママたちの教える仕事に…というママ達も多いようです。

産後も役立つベビーマッサージの資格

ベビーマッサージで赤ちゃんとスキンシップを楽しむほか、民間団体の教室などで勉強をし、そこから発行される資格を取っておくと、ベビーマッサージ講師として開業することもできます。興味があれば妊娠出産前に資格を取得するといいですね。自分の子どもを育てる産後にも役に立つだけでなく、その後の仕事としても役立てることができるでしょう。

ベビーマッサージ協会など3つの団体が有名

ベビーマッサージに関する講座を行い民間資格を発行している団体はさまざまありますが、その中でも有名な3団体があります。 ①「ベビーマッサージ協会」 http://www.babymassage.jp/

②「NPO法人ロイヤルセラピスト協会」 http://www.npo-rta.org/

③「NPO法人日本チャイルドマインディング&エデュケア協会」 http://www.childminder.or.jp/

それぞれ特徴があるので、自分に合った団体を選んで資格取得にチャレンジしてみましょう。

通信でも取得できる?

実際に対面して実技を学ぶのではなく、通信講座を利用してベビーマッサージの資格を取ることができます。DVDなどの動画教材を見て、技術を学んでいきましょう。わからないことや不安を解消するために、メールや電話ができるところを選べば安心です。また、一方的に学ぶのではなく、自分の施術を動画撮影して送るとチェックしてもらえるかなど、正しい技術を学べる耐性が整っている講座を見つけましょう。ちょっとしたスキマ時間で学ぶことができます。

まとめ

かわいい赤ちゃんがより元気で健やかに育つためにも、ベビーマッサージはおすすめのケアのひとつです。初めて行う時は教室で教えてもらったり本やインターネットで情報収集したりして、安全に行いましょう。メリットはもちろんのこと、親子の絆がさらに深まったり、たくさんの効果があるでしょう。まずは親子で楽しんでトライしてみてください。


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録