アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

科学的に言われている? 告白が成功しやすい条件・タイミング

目次

多くの人は好きな人とは結ばれたいと思うもの。もし告白の成功率がアップする方法があるなら、実践してみたいと思うのではないでしょうか。

実は、告白については多くの研究者が調査しており、科学的に成功しやすい条件やタイミングというのがわかってきています。今回はその一部をご紹介します。

 

①よく知った関係になってから「好きです!」と直接的に告白

経験的に知っている人も多いと思いますが、やはり相手との関係性を構築し、よく知った関係になってから告白する方が成功率が高いです。とはいえ、知り合ってから長くなればなるほど告白の成功率が下がるので、目標は“出会って3ヶ月以内”です。

告白の際には、伝え方も重要。ドラマチックに「あなたのこういうところが好きなの!」「絶対に幸せにする!」と告白するのは実は成功率を下げる要因となっていて、「好きです。付き合ってください」とシンプルに想いを伝えるのがベストです。

印象に残そうと特別感を出したい人は多いと思いますが、告白のときは飾らず真っ向勝負で挑みたいですね。『LINE』などより、直接相手の顔を見て想いを伝えるよう心がけましょう。

 

②ムードのある時間帯を選んで告白

心理学的には、気持ちが高揚しているタイミングでなおかつ騒がしくない場所で告白するのが良いとされています。特に夜は、疲労から思考力が落ちるため、相手の話に応じてしまいやすい“黄昏効果”があります。

彼とロマンチックな雰囲気に浸れるデートをして、帰る前に人気のない場所で告白するのが良いかもしれません。

ちなみに、彼の家もしくは自分の家で告白すると成功率が高いそうですが、付き合う前に家でデートをするのは、女性としては要検討したいところですよね。

 

③快適な環境下で告白

梅雨や蒸し暑い部屋、逆に寒い部屋は不快感を覚えますよね。実は、相手の印象もこういった環境に影響してしまいます。

したがって、晴れ晴れとした空で気持ちまですっきりするような天気のいい日で、なおかつちょうどいい温度・湿度の空間で告白をしましょう。

あまり気象条件が良くない日に告白するなら、快適な室内で想いを伝えるのがオススメです。

 

少しでも可能性の高まることには挑戦して、素敵な相手とお付き合いできたらいいですよね!


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録