アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

大人なバレンタインギフトが揃う日本橋三越の「スイーツコレクション」

目次


日本橋三越本店では、1月29日(水)〜2月14日(金)の期間、“覚醒”をテーマにした「スイーツコレクション」を本館7階にある催物会場にて開催する。

会場には“チョコレート愛への目覚め”と“醒めないチョコレート愛”をキーワードにしたチョコレートが大集結!フォトジェニックで、大人の雰囲気漂う注目のショコラをチェックしていこう。

見た目も味わいも◎


“チョコレート愛への目覚め”をテーマにしたチョコレートには、「ボワシエ」の看板商品「ペタル・ド・ショコラ・セサミ」68g/4104円をはじめ、


感情と味覚の関係性を考えた「日本味覚協会×オカヤス」の新発想チョコレート「喜怒哀楽チョコ ~Emotional chocolate~」4種5個入/1800円、


オリーブオイルを使用した「フレデリック・アヴェッカー」の「コフレ ユイル ドリーヴ」6個入・50点限定/3456円など、五感を刺激するチョコレートが勢ぞろい。


さらに、イートインスペースでは、ショコラとミルクを茶筅で混ぜ合わせて作る「セゾン ド セツコ 京都ショコラトリー」の「茶筅ショコラドリンク 抹茶」1210円(ドリンクセット1540円)や、


あたたかいワッフルに特別なチョコレートソースを掛けていただく「メゾンダンドワ」の「リエージュワッフル 日本橋三越本店限定 チョコレートソース」1個/560円など、魅惑的なメニューを取り揃えている。

個性豊かなチョコ


“醒めないチョコレート愛”をテーマにしたチョコレートシリーズには、日本橋三越本店限定商品として、「プレスタ」の「ジャンドゥーヤトリュフ」175g/3456円や、


見た目にも華やかな「マレーン・クーチャンス」の「アートボンボンコレクション」6個入/2808円が登場。


そのほか、葛飾北斎生誕260年を記念して作られた「岡田美術館チョコレート」の「Okada Museum Chocolate『波と富士』」8個入/4801円や、


ふわふわの毛並みまで再現した「カカオ サンパカ」の「ハートベア カロロ」1万800円など、」バラエティ豊かなアイテムがラインナップしている。

イベントも開催


また、会場内のフリースペースでは、1月31日(金)13時から「チョコレートライン」のドミニク・ペルソーネ氏による「鼻で楽しむ?!チョコレート体験セミナー」を開催。


さらに、当日限定で、日本食が好きなペルソーネ氏が開発した新感覚スイーツ「チョコイナリ」が販売されるのでそちらも見逃せない!

取り扱い商品やイベントの詳しい内容は日本橋三越本店の「三越のバレンタイン」スペシャルサイトをチェックしよう!

『三越のバレンタイン スペシャルサイト』( https://www.mitsukoshi.mistore.jp/nihombashi/event_calendar/valentine.html )

■「日本橋三越本店」
住所:東京都中央区日本橋室町1-4-1


/

この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録