アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

洗面所&鏡裏の収納法

 

毎日、そして一日のうちに、何度も使う洗面所。

いつも清潔で、使いやすくしておきたいものです。


そのためにする事!

①清潔に保つ工夫をする。


洗面台の周りには、ものを直置きしない収納法を考える。

何か置いてしまうと、どうしても濡れた状態になることが多く、

お掃除も置いてあるものを持ち上げて拭かなくてはならず、

なかなか面倒な作業になります。

だから、我が家では、浮かせて収納をしています。

コップを壁にぴたっと。


石鹸も壁に、ぴたっと。


すると、お掃除が楽で、きれいな状態を保つことが出来ます。

他にも、色々な収納方法があるので、自分に合った方法を選択してみてください。

 

②使う場所の近くに使うものを置く。


洗濯機そばには、洗濯ネット。


お風呂で使うものは、お風呂の近くに収納。

例えば、入浴剤やお風呂掃除用の洗剤など。


使う場所の近くに置いてあると、さっと取り出して、ぱっと使えて、

片付けも簡単です。

使う時は、みんな使いたい気持ちから、多少取り出しにくくても、何とか取り出しますが、片付けとなると、使う時の情熱はなくなっています。

そうなると、片付けずに、そのまま、、、ということもあるので、使いやすく、戻しやすいような場所への保管がお勧めです。

 

③よく使うものは、取り出しやすい場所と高さを考えて収納する。


歯ブラシ、歯磨き粉は、一番下の棚に収納します。


そして、毎日、時間に追われる主人のグルーミンググッズ。


鏡を開けて、すぐ右に置き、

すべて鏡を開けなくても取り出せる場所に収納しています。

 

また、洗濯用のハンガー類もバスケットに収納せず、棚を利用して取り出しやすい収納にしています。


よく使うものは、取り出しが簡単な場所への収納がお勧めです。

そのことで、動作もスムーズに行うことが出来ます。

 

④ストック品は、程よい量にする。


買いすぎると、収納場所に困るばかりか、入れたいものが入らないということにもなります。

だから、我が家では、ダイソーのBOXなどを使って、「それ以上買わない」、「これより少なくなったら買う」ということが分かるようにしています。


ボックスを使えば、見てすぐに、購入が必要か否かの把握がしやすくなります。

買い過ぎも防止できるので、お財布にも優しい収納になります。

 

4つのポイントを使って収納を工夫することで、

使いやすく、きれいな収納にすることが出来ます。

ぜひ、試してみてください。

 


関連記事


/

この記事の著者

BIGLOBE Beauty

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録