アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

アジア旅行の気分が味わえる?! 各国の料理が集う「アジアフェア」開催

目次

世界中の注目が集まるオリンピックイヤーの今年。

「ホテル オリエンタルエクスプレス 東京銀座」では、2月1日(土)~3月31日(火)の期間中にワールドフェア第2弾「アジアフェア」を開催する。

アジア各国の家庭料理をアレンジ


同フェアは、4年に1度のスポーツの祭典に向けて、季節ごとに世界各国の料理を楽しんで欲しいと開かれるもの。「ブラジルフェア」に続くワールドフェアの第2弾は「アジアフェア」。

中国、ベトナム、シンガポール、フィリピン、タイといったアジア各国の家庭料理をシェフがアレンジして届ける。


中国からは、食べやすいようにマイルドな辛さに仕上げた「麻辣坦々スープ」が登場。“麻辣”は、山椒と唐辛子の2種の辛さを表す言葉で、担々麺や鍋として出されることが多いが、今回は春雨たっぷりのスープに工夫された。挽肉はコリコリ食感の軟骨入り肉団子にアレンジしている。


タイとベトナムからは、ゴマ油、醤油、ナンプラーを入れてサラダに合うようにアレンジした「スイートチリドレッシング」が登場。甘辛いだけでなく、レモンを加えた酸味でさっぱりと食べられるという。


また“東洋のバニラ”とも呼ばれるパンダンの葉を使用したシンガポールの「カヤジャム」や、


マンゴーの王様と言われる“アルフォンソマンゴー”の甘い香りが特徴の「アルフォンソマンゴードリンク」も味わえる。

最近話題のタイ産ワインも


このほか、タイ国内の高級ホテルでも使用されているタイ産ワイン「 モンスーンバレー・赤」「モンスーンバレー・ロゼ」も登場。ワインは、1杯目は無料で2杯目からは1杯500円(提供時間10:00~24:00)で販売される。

同フェアはホテル1階の「EXPRESS CAFE(エクスプレスカフェ)」で開かれ、宿泊者限定で利用できる。通常の朝食メニューの一部がフェアメニューに変わるという。

ゆったりとリラックスタイムを過ごしながら、アジアの料理を堪能してみては?

『「ホテル オリエンタルエクスプレス 東京銀座」公式サイト』
( https://tokyoginza.hotelorientalexpress.com/ )


/

この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録