アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【40代編集長の婚活記#185】あなたの「恋愛できない度」は? ご無沙汰男女、7つの共通点

目次

40代の婚活には、魔物がひそんでいる━━⁉ OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は、婚活をスタートさせて3年半以上。婚活パーティや婚活アプリをはじめ、個室婚活、知人の紹介、バーなどで、100人以上の男性と出会い、10数人の男性と婚活をしてきたけれど、いまだに五里霧中。

ある日の会食終わりで、突然、同期の男性に「もう一軒行かない?」と誘われて……。この物語は40代独女の「実名 顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

会食後、日本橋のバーへ

同期に連れられてやってきた、日本橋のオーセンティックなバー。5~6人は入れそうな個室に通される。

紹介してくれる相手は、ハイシャさん。

47歳・未婚独身・歯科医。同期とはゴルフつながりの知り合いという。

ハイシャさんがたまたま私の書籍『40代ご無沙汰女子の、ざんねんな婚活』を読み、同期に「紹介してほしい」と言ってきたのだ。

紹介の機会をつくっておきながら、同期は謎の発言をしていた。

同期「先に言っておくけど、たぶんアサミのタイプじゃないと思うよ。イヤだったらホントに断っていいからね」

会う前にそんな先入観になりそうなこと言わなくてもいいのに。私に気をつかってるのね、きっと。

 

47歳・未婚・独身の歯科医

バーの個室のドアが開いた。そして入ってきたのは、男性……と女性? あれ、2人?

ハイシャ「はじめまして、ハイシャです」

アサミ「はじめまして、アサミと申します」

47歳、未婚・独身のハイシャさん。細くて小柄な男性だった。清潔感もあって、印象はいい。

しかし!

気になったのは、一緒に個室へ入ってきた女性だ。ハイシャさんと私と同期がひとしきり挨拶をしている間、ずっとドアの前に立ってこちらを見ていた。

そして、何も言わないまま出ていきドアを閉めた彼女。それっきり、戻ってこなかった。

 

一緒に来た謎の女性は?

あの女性は、何者? 5~6人は入れる個室だから席はあるのに出ていってしまった。しかも、何の挨拶もなく。

ハイシャさんの秘書とか? 歯科医だから歯科助手とかかな?

それだったら、挨拶くらいしてくものよね……。

謎すぎる女性のことが気になって仕方がなかった。同期も気にならないのかな? と思いつつ横目で見たが、あまり関心もないようで平常運転だった。

余計なことは気にせず、まずは目の前のハイシャさんと向き合おう。

 

ハイシャさんとの会話、始まる

ハイシャさんが読んでくれた書籍「40代ご無沙汰女子のざんねんな婚活」は絶賛発売中!

そういえば、私の本を読んでくれたというハイシャさん。まずはお礼をしよう。

アサミ「私の本を読んでくださったそうで。ありがとうございます」

ハイシャ「面白かったですよ。男だけど、すごく共感する点が多くて」

同期「あ、そう。男でも共感するんだ」

アサミ「どのあたりに共感いただきました?」

ハイシャ「恋愛がめんどくさいとか、ライフの中にラブがないとかね」

アサミ「もともと、ライフの中にラブがないタイプですか」

昨今、ワーク・ライフ・バランスが大事と言われる。しかし、私のような人間は、ライフの中に基本的にラブがないため、「ワーク・ライフ・ラブ・バランス」をとるように心掛けないと、恋愛しないまま日々が過ぎ去っていくのだ。

 

診断あなたの「恋愛できない度」は?

ハイシャ「オレもそうなんだって、気づかされましたよ。アサミさんの本を読んで」

なにげに男性の読者から「共感した」という感想をいただくことも少なくない。そして、私の恋愛傾向や婚活記に共感してくださる方々には、わりと共通する点がある。

☑仕事が忙しい(ややワーカホリック)

☑恋愛よりもハマっている趣味がある

☑一人の時間がとても大事(さみしがりじゃない)

☑交友関係が広い

☑恋愛や異性問題でツライ経験がある(軽いトラウマ)

☑あまり他人に頼らない

☑かなり、自分が大好き

パッと思いつくのはこんな7項目だろうか。みなさん、いくつ当てはまりますか?

あなたの恋愛できない度は?

F

さっきの項目、当てはまった数で「恋愛できない度」を判定!

■0~1個のかた:恋愛できない度10% かなりの恋愛体質で、ホレっぽいほうでもある。好きな人がいない期間はほとんどないタイプ。

■2~3個のかた:恋愛できない度30% やや恋愛体質なほうで、わりとさみしがりな一面も。好きな人がいない期間は短いタイプ。

■4~5個のかた:恋愛できない度60% あまり恋愛体質ではなく、恋愛以外の楽しみがあるほう。恋愛ご無沙汰の期間が長くなりがち。

■6~7個のかた:恋愛できない度80% まったく恋愛体質ではないか、過去のトラウマで恋愛体質でなくなった人。恋愛ご無沙汰の期間は、軽く3年を超える。

もちろん、私は7個全部、当てはまっているので、基本的に「恋愛できない度80%」。言われてはじめて恋愛するパターンばかりなので、自分から恋愛ってほとんどしてない……。

 

ワーカホリックタイプかな?

話をもとに戻そう。

ハイシャさんは、きっと仕事が忙しくて、恋愛よりも優先する趣味がある男性と見た。恋愛できない度は60%か80%のタイプだな。

アサミ「お仕事も、お忙しいですよね」

ハイシャ「自分で開業しているからね。休めばその分、リスクがあるし。でも、大学病院に勤務していた頃よりはだいぶマシだけど」

開業医か……。ヒマにしようと思えばできるのだろうけど、それでも休まず仕事をしてしまう。ワーカホリックタイプなのね。

個人的にはワーカホリックタイプは嫌いじゃない。むしろ、そこまで打ち込めるだけ仕事に対して情熱を持っているのだと思う。

 

ハイシャさん、印象は悪くない

清潔感があって、共感できる点があって、誇りをもって仕事をしている。ハイシャさん、いまのところは悪い印象はない。むしろいい印象。

いまのところ気になるのは、一緒に来たのに出ていった女性のことくらい。

同期は「先に言っておくけど、たぶんアサミのタイプじゃないと思うよ」と言ってたけど……なんでかな?

確かにハイシャさんのことがめっちゃタイプってわけではない。しかし、そもそも自分のタイプがまだ明確になりきれてないし、いまのところ苦手ではない。

そのときだった。彼があることを尋ねてきた。

 

ハイシャさんが尋ねてきたこと

ハイシャ「吸ってもいいですか?」

サッと胸元からタバコを取り出して、そう言った。

あ、タバコ吸うんだ……。

正直にいうと、私はタバコのにおいが苦手だ。でも、実はこのバーに着いてすぐ、同期はタバコを吸っていた。その吸い殻が目の前の灰皿にある。さすがにダメとは言えない。

アサミ「あ、どうぞ」

同期「はい、灰皿」

同期が目の前にあった灰皿を、ハイシャさんの前へ移動した。

少しタバコを吸うくらいは、まぁいいとしよう。この先、人は変わることもある。

でも……。タバコをくゆらせるハイシャさんを見ながら、かつてデートをしたホワイトさんのことを思い出していた━━。

 

【続きは2020年2月26日(水)17時公開。お楽しみに!】

【前回はコチラ】

【40代編集長の婚活記#184】婚活の出会いで「当たり」の確率が高い方法って?


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録