意外!?バルーンフレンチネイルに〇〇柄アートをプラスすると・・・?

更新日:2020年2月25日 / 公開日:2020年2月25日

定番デザインのひとつ、バルーンフレンチネイル。単色でシンプルにアートするのも素敵ですが、これにお好みの柄をアートするとデザインの幅が広がりますよね。この記事では、バルーンフレンチに〇〇柄をアートしてつくるネイルデザインをご紹介します。

バルーンフレンチ×ドットアートで大人可愛く

Cure

via itnail.jp

ネイルはもちろん、洋服やアクセサリーのデザインにも取り入れられている、ドット柄。最初にご紹介するのは、バルーンフレンチにドット柄を組み合わせてアートするデザインです。

例えば、ホワイトのバルーンフレンチをベースに、ブラックのドット柄をアートするデザインはいかがでしょうか。同じ大きさのドットをアートしてもいいですし、描くドットのサイズを変えてみてもいいでしょう。

グレー×ホワイトでシックに仕上げたり、ベージュ×ホワイトで上品に仕上げたりというように、ベースとドットの色の組み合わせも工夫してみてくださいね。

GRACENAIL 鶴橋

via itnail.jp

春を意識して♡バルーンフレンチにツイード柄をアート

petit room (銀座)

via itnail.jp

数種類の色を組み合わせてアートする、ツイード柄。バルーンフレンチネイルには、ツイード柄を組み合わせてみるのもおすすめです。

例えば、ツイード柄にピンクやホワイトを取り入れて、春を意識したデザインに仕上げるネイルはいかがでしょうか。ラメを加えて華やかさをプラスしたり、BIGサイズのパールを大胆にあしらったり、といったアレンジも素敵ですよね。

ツイード柄はアートに使う色を少し変えるだけでも全体の雰囲気が大きく変わってきますので、季節や気分、ファッションに合わせて色々なデザインを楽しんでください。

Dolce.Nail (埼玉)

via itnail.jp

バルーンフレンチ×フルーツアートも可愛い!

YUNAIL

via itnail.jp

バルーンフレンチネイルは、フルーツアートを組み合わせても、カジュアルで可愛いデザインに仕上げられます。バルーンフレンチの丸みを活かし、オレンジやグレープフルーツ、キウイといったフルーツの断面をアートしていくのです。

すべての爪に同じフルーツをアートしたり、5本の爪にそれぞれ異なるフルーツをアートしたり。シンプルなバルーンフレンチネイルをベースに、爪1本だけにフルーツアートをプラスするデザインも素敵ですよね。

爪先から果汁があふれ出しそうな、ジューシーなフルーツバルーンフレンチネイル。オーソドックスなフレンチデザインに飽きてしまった方は、一度こういったネイルにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。



Itnail編集部


関連記事



この記事の著者

ログイン・無料会員登録