アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

使いやすいキッチンの作り方

目次

 

キッチンは、お家の中の他の場所とは違い、

そこで使うものだけが集まっています。

料理をするとき、

火が早く食べ物に通りすぎないように、焦げないように!と、

時間に追われて、お料理していませんか?

時には、出かけなければならない時など、

「早く!早く!」と急いで料理をすることもあります。

だから、使いやすいキッチンにしておくことは、大切です!!


 

使いやすいキッチンにするためのポイント


①使う所に使うものを置く

コンロ下に、フライパンやお鍋を置く。

コンロ付近に調味料を置く。

そういったちょっとしたことで、料理が手早くできます。

しかし、いろいろなタイプのキッチンがあるので、

そういったことが出来ない場合は、

出来る限り近い場所に、使うものを配置するだけでも、

使いやすさは、変わってきます。

 

②ぱっと見渡せるようにする。

菜箸やおたま、フライ返しなどのキッチンツール。

しゃもじなどは、2,3本、持っていたりしませんか?

炊飯器を買うごとに、自然についてきて、そのまま、引き出しの中へ。

引き出しに、沢山のモノが入っていることで、

欲しいものが取り出しにくい状態になってしまいます。

だから、不要なものは、処分しましょう!

 

その際の注意点は、

・同じ用途のモノは持たない。

・代用できるものは、1つに絞る。


数が多いと、沢山のツールの中から、

欲しいものを探す手間がかかってしまうのです。

だから、使うものは、極力、数を絞って、引き出しにしまいましょう。

 

③取り出しやすい工夫をする。

鍋やフライパン。

キッチンの形にもよりますが、立てて収納することをお勧めします。

立てることで、さっと、取り出すことが出来ます。


ぱっと、見渡して、欲しいものを、

片手で、さっと取り出すことが出来ると

お料理する際の面倒な作業がなくなります。

重ねたお鍋やフライパンは、取り出しが面倒です。

そうなると、お料理もおっくうになってしまうこともあります。

また、お皿の収納も同様です。

ぱっと見て、さっと、取り出せると、使う時ばかりでなく、

片付ける時も楽に作業が出来ます!!


100円ショップやホームセンターなどで、立てる収納用品は、沢山の種類が売られていますので、お家の収納に、役立ててみてください。

 

④モノを出しておかない工夫をする

キッチンにいろいろなものを出しておくと、さっと使うことが出来て便利です。

しかし、油が跳ねたり、埃がついたりします。

そうなると、まめにお掃除が必要です。

キッチン付近のお掃除でも、モノが置いてあるだけで、お掃除が大変になります。また、スポンジラックや水切り籠があるだけでも、きれいに保つのは、結構手間になります。

我が家では、スポンジラックも、食器の水切り籠もありません。

その代わりとして、スポンジワイプを使っています。

そのことで、水切り籠を洗う手間がなくなり、

家事の時間短縮につながりました。


キッチンにできるだけモノを置かないようにすると、

いつも清潔な場所で、お料理することが出来、気持ちよく過ごすことが出来ます。

 

毎日の家事の中で、キッチンに立つ時間は、意外に多いモノ。

だから、気持ちよく、そこにいられるような工夫をすると、

楽しくお料理をすることが出来るようになります。

ちょっとした工夫でいいのです。

ぜひ、やってみてください!!


関連記事


/

この記事の著者

BIGLOBE Beauty

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録