アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

花屋さんへ行こう! 春を感じる花あしらいで、一足早い春色インテリア

目次

まだまだ寒い季節が続いていますが、花屋さんの店頭は春真っ盛り。すでに春の花でたくさん彩られています。お部屋に一足早く春を飾ってみませんか?

こんにちは。フラワーデザイナーでフォトスタイリストのはぎわらりえこです。

春は四季の中でも、香りで季節を感じる花が多く出回ります。みなさんも、ふっと、春の香りを感じた経験はありませんか?

今回は、花屋さんの店頭に並ぶ代表的な春の花とその選び方、また後半ではそんな春の花をお手軽に かわいらしく部屋に飾る方法をご紹介します。

春の花ってどんなものがあるの?

香り豊かな春の花

ヒヤシンス

Dsc 0362

Photo Rieko Hagiwara

ユリ科ヒヤシンス属 和名 : 錦百合

選び方 : 花びらの先がピンとしていて張りのあるものを選びましょう。花色の鮮やかなものがオススメです。

スイセン

Dsc 2973

Photo Rieko Hagiwara

ヒガンバナ科スイセン属 和名 : 雪中花

選び方 : こちらも葉と茎がピン!と真っすぐなものを選びましょう。花びらもみずみずしいものがオススメです。

ストック

Dsc 5592

Photo Rieko Hagiwara

アブラナ科アラセイトウ属 和名 : 紫羅欄花(アラセイトウ) ストックは、何とご家庭でなじみのある野菜のブロッコリーやカリフラワーと同じ仲間なんですよ!

選び方:花がたくさんついていて、茎が固いものを選びましょう。

スイートピー

Dsc 6162.risamarry

Photo Rieko Hagiwara

マメ科スイートピー属 和名 : 麝香連理草(ジャコウレンリソウ) ひらひらと、まるでフリルのような花びらがかわいらしい印象の花です。 スイートピーという名前は、甘い香りのする豆というところからつけられました。

選び方 : カラーバリエーションが豊富なスイートピーは、茎が真っすぐなものを選びましょう。下の花から傷みはじめるので、(花びらが透き通ってきます)一番下の花びらが透き通ったように見えないものを選ぶと比較的とても長く飾れます。

ちなみに香りのある春の花でもっとも長く飾れてオススメなのは、こちらのスイートピーです。そのほか香りはあまりしませんが、オススメのかわいい春の花も併せてご紹介しましょう。

ラナンキュラス

Photo Rieko Hagiwara

キンポウゲ科キンポウゲ属 和名 : 花金鳳花(ハナキンポウゲ)

選び方 : ラナンキュラスもカラーバリエーションが豊富な春の花です。薄い花びらが幾重にも重なった丸みのあるフォルムで人気のある花の1つ。花首がしっかりとしていて、花びらにシミがないものを選びましょう。

チューリップ

Dsc 5903

Photo Rieko Hagiwara

ユリ科チューリップ属 和名 : 鬱金香(ウッコンコウ)

選び方 : 茎が固くてしっかりとしているもの。葉もパリッとしているものが良いチューリップです。そして、チューリップの種類については、以前こちらでもご紹介しましたので、どうぞご覧ください。

さて、いろいろな種類の春の花を見て頂いたところで、お手軽な春の花の飾りかたをいくつかご紹介します!

原種のチューリップを飾る「インテリア球根」の飾り方

Dsc 5517

Photo Rieko hagiwara

ここ数年、原種のチューリップをたくさん市場で見かけるようになりました。原種の種類の見分け方は、難しいので、球根がついている小さなチューリップは、まず原種だと考えていただいて大丈夫です。

ちなみに、写真の赤い実のチューリップは、原種のチューリップ「テタテ」という品種です。花の先端から球根まで、わずか10cm程度のミニサイズ。

このチューリップはとてもかわいらしく、しかも小さいので手軽に飾っていただけます。

Dsc 5514

Photo Rieko hagiwara

麻ひもでまとめてお皿の上にのせておきます。球根があるので、お皿に少し水をいれておくだけで大丈夫です。

Dsc 5524

Photo Rieko hagiwara

小さいサイズなので、飾るところを選ばない点でも扱いやすいですよ。特別な花瓶などなくても、写真のようにお手持ちのカップや空き瓶でかわいく飾れますね。

チューリップの花が終わったあとは

チューリップの球根は、花が終わったら植木鉢に植えて置けば、来年またかわいいチューリップの花をを咲かせることができますよ。

来春も楽しめるなんてお得ですよね!

スイートピーを花瓶に素敵に挿すコツ

Dsc 3206

Photo Rieko hagiwara

STEP1

スイートピーは、直線的な花のスタイルを活かして、長さを強調して飾るのに向いている花です。

スッキリと魅せるために、できればガラスで長さのある花瓶を用意しましょう。

STEP2

スイートピーの高さは、花瓶の2倍に合わせます。

STEP3

フリルのような花びらが特徴的なので、挿すだけでも素敵です。

今回ガラスの花瓶を選んだのは、茎をあえて見せることで、上の花びらの部分をより軽やかにかわいらしく見せる効果を出すため。お好きな場所に飾ってくださいね。

まとめ

冬は彩りが寂しい季節ですが、花屋さんは春本番の華やかさです。お店へ春を探しに行って見ませんか?

ぜひお好きな春の花で、あなたの部屋にも春の彩りをそえてみてくださいね。

Dsc 3273

Photo Rieko Hagiwara


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録