アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

子供に帽子は必要?年齢別のサイズや手作り帽子の作り方を紹介

目次

子供がいると帽子のような小物が1年中重宝します。夏の紫外線対策から、冬の防寒対策まで使えて、さらにオシャレな小物としても活用できるのが帽子のメリットです。これから子供のために帽子を購入したいというママは、手作りに挑戦してみてはどうでしょうか。

子供に帽子を被せたい!

185101324

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

暑い日や寒い日、帽子は子供に欠かせない小物です。これから帽子を購入しようと考えているママは、帽子を選ぶ理由や子供用帽子の選び方を確認して、子供にピッタリの帽子を見つけてあげましょう。

帽子をかぶるメリットとは

子供にとって帽子とは、紫外線対策のアイテムのひとつです。子供の肌はデリケートですから、大人が思っているより紫外線のダメージが肌にかかります。

子供は髪のボリュームもまだしっかり出ていませんから、紫外線のダメージの影響が大きくなる可能性があるでしょう。そのため、帽子は頭皮を保護するために必要な道具です。

また、帽子は寒い時期の防寒対策にもなります。冷たい風に頭や耳がさらされたままだと、しもやけになってしまうかもしれません。帽子があれば温かく過ごすことができて、オシャレにもなるため重宝するでしょう。

年齢別のサイズはどのくらい?

市販の帽子のサイズは、40cmからはじまり3カ月ごとにサイズアップするよう作られています。40~42cmは0~3カ月まで、42~44cmは3~6カ月、44~46cmは6カ月~1歳、46~48cmは1歳~1歳半までが目安です。

1歳以上では48cmがベースで、1年ごとにサイズアップするよう作られています。48~50cmが1歳半~2歳、50~52cmが2~3歳、50~52cmが3~4歳、52~54cmが4~5歳、52~54cmが5~6歳として選ぶようにしましょう。子供の頭のサイズは個人差があるため、実際にかぶせてみてサイズがちょうどいいか調べてみてください。

子供の頭の測り方

帽子のサイズは、前髪の付け根から耳の上を通り、後頭部の生え際に向かってメジャーを当てて測ります。子供は帽子がきついとかぶってくれません。そのため頭のサイズより1~2cm大きめに作ってみましょう。収縮性のある生地で作る場合は、頭が大きくなっても長く使えるメリットがあります。

手作り帽子を作ろう

530566248

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「子供に手作りの帽子を作ろう!」と思ったら、その前に確認したいことがあります。必要な道具と、帽子の作り方をチェックしておきましょう。

必要な道具

綿などの布で帽子を作る場合は、型紙が必要となります。市販の型紙を利用する方法や、ネットで無料にて公開されているものを使うこともできます。

毛糸を使って編み物で作る場合は、編み図を手に入れておきましょう。作品が決まったらそれに応じて、生地、縫い糸、毛糸、編針などを別途用意してください。

手作り帽子の作り方

〈キャスケット〉

定番の帽子キャスケットを作ってみましょう。型紙を使って、帯、つば、6~8枚はぎのクラウンの形を布に取り、ハサミを使って生地を切ります。帯を輪にして縫い代を割り、ステッチを入れておきましょう。裏地も同様に縫い合わせますがステッチは要りません。

クラウンを縫い合わせたら、帯を中表にして縫い合わせます。縫い代を割りステッチを入れておいてください。裏地はステッチを入れず縫い合わせ、表地と合わせてからつばを付けたら完成です。

〈クロシェ〉

チューリップハットとも呼ばれる帽子で、女の子や赤ちゃんに向きの帽子です。表地と裏地それぞれを型紙に沿ってカットします。表地と裏地はクラウンを6枚と、ブリムの裏に使う6枚が必要です。

表地のクラウンを縫い合わせ、ブリムも縫い合わせたら、縫い代を割ってステッチをかけておきます。裏地も同様に作りましょう。表地のクラウンとブリムを中表にして縫い合わせ、表からステッチをかけます。裏地も同様に縫い合わせたら、クラウン周りにグログランリボンを付けましょう。

テンガロンハット

カウボーイがかぶっているような帽子で、オシャレな雰囲気があります。クラウンとつばをそれぞれ型紙通りに切り取りましょう。表地のクラウンを縫い合わせ、縫い代を割ってステッチをかけます。

つばは2枚を中表で縫って輪にしましょう。クラウンとつばを中表で縫い合わせ、裏地も同様に作っておきます。表地と裏地を合わせたら、スナップボタンを付けて完成です。

サンバイザー

サンバイザーのつばは、家庭で要らなくなったものや、100均の商品からほどいて作ることができます。つばは中表で縫い合わせ、カーブに切り込みを入れて裏返し、表からステッチしてください。つばの芯は一緒に縫い合わせてOKです。ベルトでつばを挟んでから縫い合わせていきましょう。

ニットのクロシェ

手編みで帽子を作るなら、かぎ針編みで作ると簡単です。螺旋状に編みながらトップの部分を作り、サイドは増目の間隔を減らして編んでいきます。ニットの帽子は100均の毛糸を使えば、600円くらいでできます。

まとめ

子供の帽子を手作りする予定の方は、好みの型紙や編み図を入手してみてください。子供用の帽子はサイズが小さいため、お裁縫が苦手な方でも挑戦しやすいでしょう。

本やインターネットでも手作り防止の作り方が載っています。まずは練習のつもりで、1つ作ってみてはどうでしょうか。


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録