アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

「うわ、オバさんくさっ!」40代が【やってはいけない】ファンデーションの塗りかた

目次

 

40代ともなれば、どんなにナチュラル系のベースメイクが流行ろうとも「隠すべきところは、隠す」が気になりがち。とは言っても、昔ながらの「厚塗り」は避けるべく、ファンデーションのカバー力や仕上がりを比較して「これなら、自然に見えつつも、ちゃんとカバーできるかな」の“落としどころ”でセレクトしている人も多いのでは。

美しいベースメイクは、モテのみならず清潔感や好感度にも直結。そこで、時短美容家の私、並木まきが、40代がやってはいけないファンデーションの塗りかたを解説します。

 

せっかくの優秀ファンデなのに「オバ見え」は残念すぎる…

昨今のファンデーションは、本当に優秀。サッと塗るだけでも、いくつもの上級テクを組み合わせたかのようなツヤ肌やマット肌が瞬時に手に入るものも少なくありませんよね。

ところが、どんなに優秀なファンデーションでも、塗りかたひとつで「まさかのオバ見え」を加速させていることが。その代表的なNGを2つご紹介します。

(1)気になる箇所に過剰な重ね塗り

 

シワやシミ、ニキビ跡など、気になる箇所がある場合、どうしても隠したくなるのが心理。ファンデーションをさっと塗っただけでは「フォローしきれない」と感じたら、幾重にも重ねてしまいたくなりがちですよね。

しかしこの塗りかたは、メイク直後には「うまく隠せた」と感じても、時間が経つにつれてヨレやムラの原因に。ベースに崩れた部分があると、結果として、厚塗りしていない箇所までが厚塗りに見えやすく、予想外のオバ見えを招きがちです。

気になる箇所は、面倒でもファンデーションを塗る前にコンシーラーでカバーしたほうが、時間が経っても崩れにくいうえに、至近距離でも自然なフォローがかないます。

(2)メリハリのない均一塗り

 

ファンデーションは、メリハリのない均一塗りをしてしまうと、どうしてものっぺりとした仕上がりに見えがち。40代は、顔の印象がぼやけてくる人も少なくないだけに、立体感のない肌感は、老けた印象を加速させるのも確かです。

もしもファンデーションを、顔のどのパーツも均一になるよう塗っているなら、要注意。しっかり塗るべき部分と、薄く塗る程度で十分な部分を意識するだけでも、メリハリに欠ける仕上がりは防げます。

具体的には、頬まわりや顎まわり、眉の上部の3箇所はしっかりめに塗り、そのほかのパーツは軽めにオンを。こうすることで、“メイクしています”の雰囲気は出しつつも抜け感も出るため、おばさん見えにありがちなのっぺりとしたイメージを避けやすいです。

 

どんなに優れたファンデーションでも、塗りかたひとつで「オバサン!」な印象を招きやすいのが40代。上品な仕上がりを狙いつつも、老け見えを避けた塗りかたで、爽やかなメイクを楽しんで。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録