アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

意外と読めない!「栄華」の読み方は「えいか」「えいが」どっち?

さまざまな読み方がある漢字。そのため、「一般的によく使われている読み方が、実は間違った読み方だった」なんてこともあります。

そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します。

「栄華」の正しい読み方、知っていますか?

「栄華」とは

権力や財力によって世に時めき、栄えること。また、ぜいたくをすること。

引用元:小学館 デジタル大辞泉

を意味します。「栄華」を使った四字熟語に「栄耀栄華」がありますが、こちらも

今を盛りと時めくこと。また、非常にぜいたくなこと。

引用元:小学館 デジタル大辞泉

と「栄華」の二文字と同様の意味があります。

そんな「栄華」の読み方ですが、「華」の字から「えい“か”」と読む人も少なくないのではないでしょうか。しかし「えいか」は間違いです。

正解は・・・

「えいが」です。

「栄華」の「華」は濁音で読みます。

ただ「華」の読み方を調べてみると

  • 音読み カ・ケ(常用外)ゲ
  • 訓読み はな(常用外)しろ(い)

で、濁音「ガ」は記載されていません。「華」単体で「ガ」と読むことはないようです。

また調べてみると、他にも「〜華」の言葉はありますが、

  • 英華(エイカ)
  • 豪華(ゴウカ)
  • 昇華(ショウカ)
  • 中華(チュウカ)
  • 繁華(ハンカ)

の「華(カ)」読みか

  • 散華(サンゲ)
  • 蓮華(レンゲ)

の「華(ゲ)」読みしかなく、「華(ガ)」と読む単語は「栄華」しか見当たりませんでした。

「華(ガ)」と読むのが珍しい言葉なのであれば、かえって覚えやすいかもしれません。この機会に「栄華(えいが)」と読むことを覚えてしまいましょう。

それから、「栄華」の例文に「栄華を極める」とありましたが、同音異義語の「“映画”を極める」と勘違いされてしまうかもしれません。「栄華」を使う場合には「栄耀栄華を極める」と四字熟語で表す方がおすすめです。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録