アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

「ごびょう」ではありません!「誤謬」の正しい読み方、知っていますか?

目次

パソコンやスマホが普及したことで漢字を書く機会が減り、読み方を間違えても自動的に正しい漢字が変換されることで、「知っているけど読めない、書けない」漢字に出会ったこと、ありませんか?

そこで本記事では、意外と読めない感じのクイズを出題します。

「誤謬」と書かれていたら、あなたはなんと読みますか?

「誤謬」なんと読む?

「誤謬」の「誤」はなんとなく見たことがあっても、「謬」に馴染みのある人は少ないはず。まったく読み方が思い浮かばない人もいれば、「こんな読み方だったはず」と推測して「ごびょう」と読んだ人もいるのでは?残念ながら「ご“びょ”う」は間違いですが、読み方としては非常に惜しいものです。

正解はこちら!

正解は「ごびゅう」です。

あまり馴染みのない感じではありますが、「誤謬」の「謬」は

音読み ビュウ
訓読み あやま(る)

引用元:謬|漢字一字|漢字ペディア

と読むことができます。

「誤謬」の「誤」「謬」ともに、過ちや間違うことの意味があり、「誤謬」もそのまま

まちがえること。まちがい。

引用元:小学館 デジタル大辞泉

を表します。使う際には「誤謬を犯す」「誤謬を正す」のように使います。

「コンコルドの誤謬」を知っていますか?

「誤謬」という言葉を使った用語に「コンコルドの誤謬」(「コンコルド効果」「コンコルドの誤り」などともいう)があります。

これは心理現象の一つで、

サンクコスト(投資や消費などに投じた固定費のうち、投資や消費などを途中でやめたとしても、回収できない費用)を惜しんで投資を続けてしまうこと。

引用元:小学館 デジタル大辞泉

を意味します。

超音速旅客機「コンコルド」が商業的に失敗したことが由来で、心理学や行動経済学においてよく登場するようです。うっかり「ご“びょ”う」と読まないよう、注意したいところですね。

参考文献:瀬崎圭二監修, 『正しい日本語どっち? 500』, 平成28年5月20日, 株式会社 彩図社


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録